フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

奥伊勢ハーフコース下見

地図ソフトでおよそ20km以上あったので、ハーフコースとしたが、GPSではちょうど18kmだった。
なので、ハーフとするならば、大紀南島林道の南伊勢町側のピークまで行ってから折り返しとするのがいいかと思われる。
その分、ハードにはなるが、まあそれぐらいはいいであろう。

お馴染み廃校となった小学校の校舎を利用した阿曽温泉。
スタート&ゴールとなる。

Dscf7700

旧道を行き、1kmチョイで国道42号線に出会う。
大内山川を見ながら歩道を進む。
また旧道を走り、再び国道に出て旧紀勢町に入る。
唯一公共のトイレがある。

そして旧道の坂道途中にJAがあり、たぶんここが最後の自販機である。
1本購入。

横断歩道を渡り、国道の右側を行くと、程なく沼ケ野の信号だ。

Dscf7701

ここを左折し、右側に自動車屋さんがあるすぐ先が、レギュラーコースとの分岐点となる。

Dscf7702

ハーフコースは直進気味に、狭いほうへと進む。
すぐに山が迫ってくる。

Dscf7703

注連小路の集落が点在し、やがてそれも途切れると少しづつ標高を上げていく。
ただし緩やかな上昇なので普段ならもう少し楽であったと思うが、怠けきった身体には、それでもきつい。
曇天なので木陰率は分からないが、けっこう期待できそうだ。

ところがスタートして10kmを過ぎた地点から、道も狭くなり傾斜がきつくなってきた。
おそらく800mぐらいの区間であったが、すっかりバテてしまった。
しかもハーフで距離を見積もっていたので、まだまだ上りが続くものだと思い込んでいて、心が折れそうであった。

だが11km地点で大紀南島林道の分岐に達し、まさに安堵である!

Dscf7704

右からが、レギュラーコースの合流。
このコースをハーフまで延ばすなら、いったん右へ向かい、トンネルを越えて石碑のあるところで折り返すのが案である。
およそ21.6kmか?

今回はそんな余裕もなく左へ。
1.7kmでトンネルとなるが、これが大変長く感じてしまった。

Dscf7706

銘板は、

Dscf7708

トンネル内は、当然照明などない。

Dscf7710


抜けた方面から振り返ると、左への道は、おそらく大内の高へ登る登山道か?

Dscf7711

またその周辺だけ、赤い花が咲いていた。

Dscf7712

あとは下るのみ。
下ってから距離合わせも考えられるが、それもまたどうかなと?

心配の左ひざは何ともなかったが、とにかく上りがしんどくて、果たして今週末はと不安である。

Img396_2


2017年7月29日 (土)

明日のハーフ下見

申し訳ありませんが、多分一人と思われるので、スタート時間を変更します。
6:30~です。

火曜日に、超久しぶりに津のオークション会場へ。
浦島太郎状態だったが、それでも二人の顔見知りに会った。
残念ながら商いにはならなかったが、帰りに古本屋で13冊、ゲット。

Dscf7699

堂場瞬一著の、「チーム」と「ヒート」は一気読みし、長女に渡っていった。

その火曜日から、微妙に左ひざが痛む。
原因だが心当たりはない。
まあ単なる加齢ゆえかも・・・ (;;;´Д`)

ということで、明日は歩きとなるやもで、用心の早めのスタート。
目指せサブフォー!!
(おいおいハーフだろう・・・・・)

2017年7月24日 (月)

奥伊勢マラニック

この前のマラニックで取りあえず攣ることもなく完走できたので、一応ゴーサインでご案内を。

今度の日曜日にハーフコースを。
そして8月6日は、レギュラーコースを下見します。

ざっと内容をまとめましたので、できれば多くの方にお声がけをしていただくと、ありがたいです。

奥伊勢フル&ハーフマラソンマラニック大会下見会

案内の通り、レギュラーコースは藤坂峠、阿曽峠を通りません。
木陰率、達成感(特に藤坂峠)は物足らないかもしれませんが、今の自分には、これでもけっこうハードルは高い?

Img394

このデータは、今年の正月のもの。
今なら+1分/km以上は見ておく必要ありかも? 


2017年7月22日 (土)

ミニギター

予定していた一大プロジェクトが頓挫して、反動ではあるまいが、物欲が沸々と・・・・・

今まで買ったことのない高級ワインを、間もなく誕生日という理由付けでポチリ。
んで、今度はギターである。

ネット情報に、まんまと乗せられて購入!
決め手は、Sヤイリであったからだ。

10代後半の、フォークソングに狂っていた頃。
まだはっぴいえんどに侵される前は、陽水に傾倒していた。
虫垂炎の手術を受け退院した翌日に、オートバイで伊勢の観文へコンサートを聞きに。
(そのころの記憶は、なぜか風化していない?)

それほど夢中になっていたのだが、当時の陽水が使っていたギターが、そのSヤイリというメーカーであった。
マーチンやギブソンなど、当然高嶺の花で手が出ないころ。
聞いたことのないメーカーに、オレは飛びついた。
とにかく何が何でも陽水の音色をマネしたかったわけで、そのギターはかなり傷んでしまったが、今でも健在だ。

で、ここにきて、Sヤイリのミニギターである。
速攻ポチってしまった。

口コミではヤマハの方がいいということだったが、ここはもう譲れないだろう。

Dscf7675

ヘッドに輝くSヤイリのロゴ。
中にも貼られている。

Dscf7677

しかしよく見ると、タグにMade in Chinaの文字が・・・
さらにはネックの裏にもシールが・・・・・

胸くそ悪いのですぐ剥がして捨てた。

まっ、値段で気づけよと言われそうだが。。 ┐(´-`)┌

Dscf7674

このままオブジェとなるやも・・・・・ (;;;´Д`)


2017年7月21日 (金)

美杉ボルダー

過去に行ったはずだが、画像がない。
そこで練習日記(ランナーズダイアリー=ランナーズ誌付録)をあさってみると、ありました。

2008年8月13日に美杉ボルダー33kmとなっている。
さらにはそれに対して7月26日に、下見も。。

そこで、以前に所属していたチームの、HPのデータを見てみたが書かれていない。

がついに、外付けHDに保管していたマラニック資料というフォルダに、地図だけが残っていたのを発見!

Photo

まだGPSを持っていないころで、距離はたぶん地図ソフトから得たものだと思う。

かすかな記憶と日記の距離から推測すると、君ケ野ダムからまっすぐにボルダーに向かい、比津峠を下多気へ下り、下之川から再びボルダー中央部に上って君ケ野ダムへ降りたようだ。

奥伊勢マラニックやこのボルダーなど、全くもって、当時のおバカさんぶりが、うかがい知れる・・・・・  (^-^;

もし参加されて、記憶&記録等ございます方がみえましたらご一報ください。

そして、このコースに行ってみたいと思われます方は、勝手にやっちゃってください。
とてもご案内は、出来ませぬ・・・・・  (u_u。)


2017年7月20日 (木)

とどめ

中途半端に草刈りした自宅横の耕作放棄地。
地主の方に、刈りますと言った以上、早く終えたい。
そこで昨日の夕方から再び草刈りを開始。
ついに約束の1枚を刈り上げた。

Dscf7648

だがこれがとどめとなったのか、しばらく外で放心状態。 (ノ_-。)
その後、どうにか汗を流したが、今度は部屋で、グロッキー・・・

情けないが、これが今のオレだ・・・・・ (。>0<。)


2017年7月19日 (水)

酒米でない酒

完全に、夏バテである。

日曜日は1日中、草刈りにいそしんだ。
月曜日も下見から帰って、午後より草刈り・・・

そして昨日は、、、

ムジナ(貉=アナグマ)が、獣害柵の下を掘って畑に侵入。
今年の出来栄えは最高と喜んでいた、ばあちゃん自慢のトウモロコシを食い逃げだ! (≧ヘ≦)

見に行くと、3か所も穴を掘っていやがった。

取りあえず捕獲罠を役場で借りようと電話すると、
全て出払っているという。
そこで自己負担は止む無しと注文も、到着は来週とのこと。

まずは今夜の攻防が大事であろう。
周囲の草取りを行い、手元にあるだけの電気柵を設置した。

ということで、あんなこんなでグッタリ。
朝も全く反応できず、ジョグどころではない。

だがそんな、起きてるだけが精いっぱい状態であるが、夜のおクスリの時間は、キッチリと・・・・・ (^-^;

久しぶりに長女一家が揃ってやって来て、珍しい日本酒を進呈頂いた。
なんと、食用であるコシヒカリとササニシキで醸したという。 w(゚o゚)w

本来コシヒカリなど、食べて旨い米は、醸して不味いと聞く。
地元のG酒造さんに、そのあたりのことを伺うと、
酵母と麹をちゃんとしたのを使えば、そこそこは、という話

一度やってみようと指南書も購入したが、未だトライできず。。
んが、チトやる気が出てきたぜ!!

その日本酒。

Dscf7631

これがコシヒカリのお酒。
メチャ旨い!

Dscf7632

そしてササニシキである。

いや~、目から鱗。

また定番となる、

Dscf7634

ゆきの美人。 o(*^▽^*)o


麦酒もホンモノで、

Dscf7629

オレって、仕合せ!


アホらしって?   ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


2017年7月18日 (火)

久しぶりのロング走

久しぶりシリーズである・・・ (^-^;

30km~をロング走としているが、3月10日の、暗峠以来となる35kmは、、、、、

美杉マラニックの下見に参加してきた。
コンセプトは、
夏場の走り込み。
できれば木陰が多い。
初級者のレベルアップあたりを想定。

そこで、伊勢竹原駅発着、雲出川沿いを遡り、比津峠で多気地区に越えて八手俣川沿いを下るというもの。
途中の比津峠がワンポイントか?

Dscf7639

お馴染みの、ふるさと美杉。
標高は、86.2mとなっている。
ここをスタートして伊勢八知駅までは、ほとんど木陰がない。

その伊勢八知駅では、ちょうど列車が到着。

Dscf7641

この先にコンビニがあり、購入した日焼け止めを塗ったが、その後は曇り空となった。

再スタートして左折し橋を渡る。
名松線マラニック(順コース)では、いよいよ佳境となる箇所である。
通行車両も減り、木陰が多くなるが、緩やかな登りが入ってくる。
そして比津駅手前で左方面へ。

Dscf7644

比津峠の登りは、3kmでせいぜい150m前後の標高差と思っていたが、実際は、2.6kmで210mと、意外にきつく、大幅ペースダウンとなってしまった。

下ると八手俣川に出会い、ここからは登りのない快適コースである。
曇り空ゆえはっきりと木陰率は分からないが、比較的多いと思われる。
つい6分を切るペースとなってしまい、自重の給水タイムを入れ、ペースダウン。
ここのところの練習不足で、脚がもたない不安が・・・

その後はまめに給水タイムを取ってレストを入れ、最後の君ケ野ダム手前の上り坂を乗り切ると、あとは一気に下るのみだ。

Dscf7647

遠景は、大洞山と尼ケ岳である。

コンビニやら給水などで、4時間15分。
平均ペースは、7分12秒/kmと、故障者リストのマラニックとしては、合格点か?

中級者としては、伊勢八知より逢坂峠と飼坂峠を回るのが40kmオーバーでいいかと。
中級のレベルアップなら、ぐるっと回ったその中央(オレが勝手に美杉ボルダーと呼んでいる)に、入り込むのがベストと思われる。
激坂に、歓喜の悲鳴がこだまするやも・・・・・ ( ̄▽ ̄)


Img393


2017年7月15日 (土)

草刈り

いい加減ランニングからすっぱりと足を洗い、新たな目標に向けて、一大プロジェクトを掲げてみたのだが、挫折。
(いつもの大げさか?)

もうちょこっと走っとれという、神の思し召しか・・・・・ (^-^;

その挫折のせいではないが、ちょっぴりとは含む部分もあり、草刈りだ。
自宅横の、耕作放棄地である。

S__450583

稲作を放棄してから3年目。
昨年は1度、草刈りをしていたが、さらに今年はこんな凶暴に! Σ( ̄ロ ̄lll)

背丈を越える上に、つる草が伸び放題で、悪戦苦闘。
汗は半端なかったし、腕は3時間で限界である。

しかしこれを見た長女。

「あれビールを旨くするためやに」  (;;;´Д`)

おいおい娘よ何てこと言うんだい・・・
だがチト、当たっておるかもよ・・・・・  ( ̄ー+ ̄)


2017年7月14日 (金)

風刺

オレは政治には疎いので、宗教関係とともに、ここで語るのは戒めている。
が、ほんのチョットだけ・・・

読んでいるのは中日新聞だが、週に1回(?)か、2面に佐藤正明氏の漫画が掲載される。
ある程度分かるときもあるが、理解できないときもある。
せめて、フンフンとか、ニヤリとかのリアクションができるぐらいでないと、普通の社会人とは言えないのかもしれないが、オレは残念ながら、その程度である。

でも今回のは、うわっと思った。

Img390

でもこれ、政治に詳しい人でも若い世代なら、完全には?

ハゲーッ、で名を売ったあの才女のセンセイは、いかがでしょうか・・・・・ ( ̄▽ ̄)


2017年7月13日 (木)

追肥時期を誤る

本日、田んぼを見回りに。
すると、中干していたもち米の田んぼに水が! w(゚o゚)w

どうやらとなりの田んぼの、ベテラン農家の方が気を利かせて、入水してくれたらしい。

よく見ると、そちらは出穂しているではないか。
確かGWあたりに植えていたはずだが、早い。
そこで慌てて自分の苗を確認。

わっ、わおう~・・・・・

Dscf7620

幼穂の確認どころか、もうしっかりと穂が現れた。 
完全に追肥のタイミングを逃してしまったのだ。 (ノ_-。)

この場合、どうすればベスト、ベターなのか分からない。
ただ2回目の追肥の時期とも考えられるので、取りあえずは散布してきたものの、果たして??

そんなこともあって急に不安になり、中干中の、5月30日に植えた田んぼは入水させ、やや成長が遅いと思われる6月4日の田植えのところを中干の開始。
穂を確認したが、まだ幼穂は出ていなくてホッとした。

なかなか難しいし、まだまだひよっこの新米農家である・・・・・

と、ここで「新米」と表すのは、何で?
お米との関連性は、ハテ???


2017年7月12日 (水)

暑い!

この前、津が最高気温ランキングでトップになっていた。
昨日はフェーン現象か、日本海側が上位に。
本日は関東周辺の常連さんが、トップテンを占めているようだ。

どちらかと言えば涼しいと言われる我が作業場も、寒暖計は午前中で33℃を指していた。
今年は遠慮せずエアコンを入れることにした事務所へ、すぐに逃げ帰ってだらしなく、ぐったりとしている。

暑い・・・・・

昨夜はビール(雑酒だけど、、、)が切れたので、節酒モードとなるかと思いきや、たっぷりの氷に焼酎をぶち込んで、たらふくやってしまった。 (^-^;
やっぱりビール(雑酒だけど、、、)のストックは必要だ。

自宅近くの田んぼは1週間前だったか出穂を見かけたが、もうすでに穂揃いのようだ。

Dscf7617

(ロフトの茶色い屋根が見えている)

田植えが4月中旬だったからなあ。

Dscf7618

オレのところのもち米が、中干中である。

Dscf7609

この時期でもOKというので、ハイグリーンを投入。

Dscf7608

人間でいえば、総合ビタミンミネラル剤か?

続いて5月30日に植えたコシヒカリの田んぼを中干。

それぞれバラバラなので手間がかかるが、予定の量が栽培できているのでヨシだ!  (o^-^o)


2017年7月11日 (火)

懲りないバカ

昨日の夕方には雨は上がったものの、自宅に帰れば走る気もなく、即、お薬の時間である。 (^-^;

Dscf7558

ビール、日本酒、焼酎、ワインの、ほぼフルコース。
前夜の失態に、まったく懲りていない、バカ丸出し・・・・・ ┐(´-`)┌
(日曜日は左の七窪限定品に、オレは呑まれてしまった)

今朝は訳あって町長との対談があり、それのことが頭を巡り、暗いうちから目が覚めた。
なので走ったが、疲労困憊。
まあ、かえって脱力気味で、対談の方はスムーズにいったように思える。

さて日照りが続き、雨乞いだの何だのと言ってきたが、、、
九州の災害は、目を覆うばかりだ。
(先ほど鹿児島での地震の速報も)

たとえ水不足で米作りができずとも、農地は変わらず。
来年になればまた可能だが、被害に遭われた尊い命は帰らず。
浸かった田んぼに黄金色の実りが戻るのは、いつのことだろうか?

オレの人間の小ささにイヤになるも、目の前のことで精いっぱいなのもまた、仕方がないか??
せめてこころのどれだけかでも、入れ替える必要ありやも???

2017年7月10日 (月)

醜態

超久しぶりにやっちまったぜ!
玄関で、寝てしまった・・・・・ ┐(´-`)┌

野上がりという名目で、いつものメンバーで呑んだのだが、、、

朝目覚めれば、きっちりベッドで寝ていたので、記憶はぶっ飛んでいるものの何事もなかったのであろうと思っていたら、
「大丈夫?玄関で寝ていて、そらにも吠えられとったし・・・」

自己嫌悪で、重いあたまとともに、冴えない。 ( ̄Д ̄;;

先週の走行距離も20kmと低迷。

どうにもこうにも、ダメダメグダグダである・・・・・

2017年7月 6日 (木)

困った冷蔵庫

業務用の冷蔵庫である。
あの、地元の中学校が廃校となり取り壊される前、備品のもらい下げで、じゃんけんに勝利しゲットした代物である。 ( ^ω^ )

Dscf7604

子どもに聞くと、
ああ確か牛乳を冷やしていたヤツね、とのこと。

かねてからのワインケースが欲しいなあ、日本酒も入れられて・・・
そんな考えに、おあつらえ向きの物品であるが・・・・・

家に置くにはでかいし、電気代もバカにはならぬだろう。
しかもこの大きさゆえ、どれだけ呑むのか、ということにもなる。

で、錆びたところなど再塗装し、少々きれいにしながらも、工場に放置していた。
が、事務所に置けば、いいんでない~と運び込んだ。
そしてこの前のリフレッシュ工事で、工務店さんなど作業される方の飲み物を冷やすのに初使用。

ところが、だ。。

飲み物が凍ってしまっている! Σ( ̄ロ ̄lll)

Dscf7606

調整を、最弱にしても、温度表示は氷点下と、変わらない。

カバーを外して点検も、構造は単純な機械である。
温度を感知するセンサーが悪いか、コントローラが悪いか、どちらかであろう。

Dscf7605

しかし、冷えない冷蔵庫というのも困ったものであろうが(そもそも冷えなければ冷蔵庫とは言えない?)、凍ってしまうのも、これまた扱いに、困る。

メーカーに問い合わせる。
サンヨーなのに、窓口は、パナソニックであった。
答えはやはり、センサーの不良が一番疑わしいとのこと。
交換するしか手はないという。

そこで今度はパーツ販売課に聞いてみると、、、、、

Dscf7603

こうなれば自作用の温度センサーとリレーの回路を購入し、それを組み込んでオンオフできるようにするしかないように思えるが、今回は、悪あがきはここでヤメに。

まっ、大勢で呑むときに、緊急にビールを冷やす場面では重宝するかもと、開き直ることにした。 (^-^;

なおこの機種は、リコールが出ているが、西日本地区(60Hz)では対象外という。
ならば、東京で使うのだからと(別に北海道でもいいが、、、)窓口へ持ち込めば、この不具合も同時に見てくれそうという気はするも、安い中国製なら数万で新品が買えることだしと、そこまでするまでもないだろう。
気が引けるしね・・・・・ 


2017年7月 4日 (火)

野上がり

早いところでは、間もなく出穂の時期を迎えるこの季節。
5月23日に植えたもち米が、ようやく中干となった。

Dscf7585

となりの田んぼはウチより2週間以上早く植えていたので、中干終了後の間断灌水となる。

Dscf7586

全く色が異なるなあ。

そしてそして、真打登場ってこともないが、最後のミルキースターの田植えが昨日終了し、ほんとうに、ようやく野上がりとなった。 o(*^▽^*)o

立派に育った苗!

Dscf7587

苗箱に敷く紙を2枚にしたが、その効果で、はみ出した根はこの程度。

Dscf7588

これなら前もって、削り落とすこともないだろう。

火曜日の予定だったが台風接近の予報を受け、夕方4時より田植えを開始。

Dscf7591

詰まって抜けてしまったことなど小さなトラブルはあったが、まずは順調に進む。

Dscf7595

2枚の田んぼを、無事植えることができた。

Dscf7598

見上げれば、月も祝福か?  \(^o^)/

Dscf7601


2017年7月 3日 (月)

続~水道工事

漏れない!   いい響きですな!! 

水道料金が半額以下だ。 (o^-^o)

Dscf7582

気分を良くして今度は自宅編である。
ご存知の通りロフトであるが、それゆえか、表には水道栓がない。
こっちもそんなことには気が回らんかったし・・・

BMXのパークの来客者も、ちょっと水をと思っても、ぐるっと回り込まないと水栓はないので、大変不便であろう。
そこで水栓増設作業を行ったが・・・・・

手慣れたものよと簡単に考えたが、意外な困難が待ち受けていた。

Dscf7541

この国道からの進入路の右側に沿って水道管が埋設されていると聞いた。
そこで穴を掘るも、一向に出会わない。
どれぐらい深く埋まっているのか分からないので、水道メーターから出たすぐを掘ってみると、意外に深くて30cm以上はある。

もう一度最初に掘った穴を40cmまで掘り進めたが、やはり出てこない。
もう一箇所、掘ってみたが、こちらもダメである。
ガセネタだったか・・・  (u_u。)

ついに白旗かと思ったが、諦めの悪いオレである。
あの、役場の器械を再び借りることに。

Dscf7392

ヘッドホンを付けたオッサンが、うろうろとする様は、まさに不審者であろうな。 ( ̄▽ ̄)
2回トライしたが、確認できず。

ここで助っ人を要請。
流しっぱなしにするのではなく、散水ノズルを継続してオンオフすることで、音の変化を掴みやすくすればと考えた。
これが的中。
ごく小さいながらも変化音を聞き取ることができ、ここ掘れワンワン・・・・・ ( ^ω^ )

だが残念ながらアスファルトの下。
ダメなら諦める、ここはもう1発勝負である。
ディスクグラインダーで切って、ノミ(?)とハンマーで少しづつ割っていく。

Dscf7542

すると、割と浅い位置に水道管を発見。
場所は、前の画像の左下である。
どうも水道メーターから最短距離を狙ったのか、通路を斜めに横切っているようだ。

これ以上アスファルトを割りたくないし、方法も知らないので、クランク状に配管する。
抵抗になるやも知れぬが、まあ大丈夫だろう。。

Dscf7547

バルブも設置。

Dscf7549

使うこともないだろうが、一応倉庫内の既存の水栓が使えるよう配管。

Dscf7552

外回りの水栓を設置。

Dscf7553

向きが逆だが、細かいことは言わない。 (;;;´Д`)

かなり以前に買ってあった流し台を、軒下に設置した。

Dscf7564

排水は垂れ流しでもいいかと思ったが、中の流し台に合流させた。

Dscf7563

さてさて次は・・・・・ ( ̄ー+ ̄)


2017年7月 1日 (土)

追い風向かい風

29年度1期目のドラマでは、「小さな巨人」が総合1位だったとか。
オレはリアルでは見ていないので、視聴率には貢献していないが、チビチビと無料配信で観た。
ドラマって、犯罪もの(警察検察弁護士など)、医療もの、恋愛もの、家族ものが多いように思う。
中でも犯罪ものは多いし、よく観られている。
ほとんどTVを観ないオレでも、「相棒」とか、好きだなあ・・・
でも、「みをつくし料理帖」なんかも気になったり・・・・・ (^-^;

そんなドラマの話とは全く無関係で、どうでもいい前フリであったが、2日前、「小さな走人」にお会いした。
偶然誕生日(月日)は一緒の、しかしオレのダメダメぶりとは全く違う、偉大なランナー。
久しぶりの来訪を受けた。

目標タイムを車のナンバーにしているが、さすがに以前より15多くなっていた。
それでも失礼ながら、その御年でそこを狙っていくとは、やはり偉大である。

29日の14:20~15:20ごろ、クシャミが止まらなかった方、御免なさいね・・・・・

そして昨日は、、、

Dscf7581

雄町が突然やってきた。
八兵衛純米酒の会の領布酒であるが、配達の日はまったく聞かされていない。

いや~、このタイミングでやってくるとは、本格的に、追い風かも! ヽ(´▽`)/

そして今朝、まったく違和感がないふくらはぎ。
よっしゃ!外への20km走だと意気込んで、5:15にスタート。

1kmで変調をきたし、急きょ周回コースに変更。
ペースダウンも息は上がりっぱなし。
どうにか13kmを1:17と、意気消沈・・。  (u_u。)

こちらは相変わらずの、向かい風か・・・・・ (。>0<。)


« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »