フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

検証~太陽シート育苗

大げさは、いつものことか・・・  (;;;´Д`)

設置したビニールハウスは、間口が3.6mである。
そして中のプールの幅は、目一杯とって2.3mだ。
覆うシートは、1.8m幅を使用。
ゆえに2枚あれば、すべて覆えるはず。

だがオレは念のため、3枚使用して覆った。
最初、これが原因かと疑った。
太陽シートは、光を完全には遮断しない。
だから発芽と同時に緑化が進む。
それが、シートを重ねることによって、何らかの影響が出た?

Dscf7353

確かにこのストライプは、そのせいだろう。
しかし指南書の画像をよく見れば、、、

Img389_2

けっこう重ねているし、また両サイドは外気の影響が出るので2重被膜とされている。
なので問題は、無いということになる。

ではなぜか?
至った結論は、、、、、

日差しの強さ=気温の高さ

ごく当たり前の事象、はは検証も何もない・・・・・  (^-^;

指南書のすべては、4月籾まきの5月田植え。
4月のもち米はその通りで成功。
だがメインの米の分は、当初は5月上旬だったのが、もち米の成長が遅れたため中旬に移行。
ゆえに厳しい日差しと、それに伴う気温の上昇が、半端ではなかった。

5月14日に籾を蒔いたが、昼間であった。
なので並べる順にシートを覆う。
4日後に発芽を確認も、まだごく小さいので早いと判断。
だがこの日の確認は、朝の6時。
夕方、もう一度行くべきだったと悔やむ。

そして翌日だが、晴れ。
好天時には夕方剥がせと指南書に。
そこで16時に行き、剥がすと驚きの成長ぶり!

Dscf7340

これは伸び過ぎかと心配したが、それよりもう緑化も完了と判断したことが間違いであろう。
色こそ緑っぽいが、まだまだ5月の直射日光に、耐えられる強さができていなかったと思われる。

いろんな条件を総合的に判断して事に当たる。
情報を鵜吞みにせず、よく考えろ。

手痛い試練だったが、まあどうにか今年の目途は立ってきた。
来週はいよいよ最後のミルキースターの田植えとなる。
水も豊富になってきた。

ついに追い風か。 (o^-^o)


2017年6月28日 (水)

田植え~こしひかり

さっそうとデビューする予定だった、太陽シート&プール育苗。

Dscf7325

しかしそれは、無残な姿でオレを打ちのめしてくれた。

Dscf7359

原因についてはまた改めるが、明らかなオレのミス。
対応策は、ミルキースターはやり直し。
こしひかりは、運よく知り合いから分けてもらえたが、しかし水がなくて全てはまかなえず。

そこで雨を待って、生き残った苗を植えれればという、完全に天の恵み頼みである。 
すると、

Dscf7373

こんな状態だったのが、

Dscf7425

ここまで回復。(6/6)
さらに、66枚のうち約半分を選抜。
すると6/18には、見事植えられる苗に育った。

Dscf7504

神を信じぬ不届き者の祈りが通じたか? ( ̄▽ ̄)

あとは毎夜の雨乞いの成果であるが・・・・・
こちらも待ちに待った(待ちくたびれましたがな・・・)21日のまとまった降水により、2枚の田んぼの代掻きが完了。
ようやく27日、籾から育てたこしひかりを植えることができた。

2017627_170628_0013

精神的に、長い道のりであったが、まずはホッと。 (o^-^o)

Dscf7566


2017年6月27日 (火)

換気扇

オレが家を建てたとき(施工したのは工務店だし、そもそも既設の倉庫を仕切って家らしくしただけ=家を建てたとは言えない・・・笑)、トイレの換気扇の取り付けをお願いした。
だが、水洗だから要らないのでは、と言われた。
えっ?と思ったが、プロの建築家が言うのだからと引き下がったのだが・・・・・

やはり必要、というのが結論。
で、遅まきながらの2年前の工事であった。

さて出来上がったばかりの事務所のトイレである。
施工は、自宅と同じ工務店さん。
今回も、言いそびれて換気扇の設置、なし・・・

が、追加の電気工事など自分でやっているうちに、DIYに火が点いた。 (^-^;
最初から言っておけば何とも楽だったのに、自分で苦労の方向を取るあたり、Mかも・・。
あのれいの、アラ隠しのステンレス板がポイントになったりして。

自宅の換気扇、そして事務所の換気扇とも、何の考えもなしに天井に設置した。
だってキッチンでは調理器具の上に付いているし、暖かい空気は上昇するのが常。

で、ここで疑問がわく。
同じ温度なら、臭いはどちらに向かうのだろうと?

トイレで考えた場合、かなりの猛暑でない限り、臭いの発生源のほうが温度は高い。
しかし消臭装置で攪拌されると、それほどの違いはないかも。

調べると、消臭剤は下に置き、芳香剤は上に置けという説に当たった。
これは信ぴょう性があるのでは?
つまりは臭いの流れは、下だ。

そのステンレス板である。

Dscf7532

このような加工品で、高さ(厚み)が15mmぐらいある。
これの下部を切り取ってしまえば、そこから吸気口ができる。
見た目も分からない。
ムフフ、簡単な工事で済みそうと、甘く見てしまった。

Dscf7533

完成後であるが、下から眺めると、こうなる。

後は配線とダクトを外に出すだけと思っていたら、内側の柱がどうにも邪魔で、作業が進まない。
ええい、外壁を剝がすしかないかと思案していると、階段の下からギリギリ入れそうでもある。

Dscf7538

毛布を引いて、身体を潜り込ませると、どうにか中へ侵入することができた。

邪魔な柱をえぐり取り、ダクトを通す。

Dscf7539

外に塩ビ管で立ち上げ、換気扇を取り付けた。

Dscf7534

しかしこの本体って、ひょっとして昔のトイレ用??
けっこう安かったので、これでいいやと購入したが、ボットントイレと勘違いされるかも???

Dscf7535

スイッチだが、マニュアルでオンオフでもいいが、わずかながらもエコ化を目指す。
自宅のように、タイマーでもいいが、人感センサー+タイマーでいいのはないかと探したら、これがヒット。

Dscf7529

念のためセンサー分離型を選択した。

Dscf7527

並行輸入品ということで信頼性は分からぬが、1~20分で6段階に設定できるのがグッ。 (*^-^)

換気能力が高いのか、吸気口が小さいのか、やや吸入音が耳障り?
やはり通常のタイプで工事すべきだったかも・・・・・ (^-^;


2017年6月26日 (月)

珍来客

土曜日のジョグで、再びふくらはぎが攣る前兆の、あの「ヒクヒクッ」感が何度も。
20kmを予定していたが、ショートカットがあまりきかないコースゆえ断念し、15kmコースに変更という冴えない週末。
日曜日、そして本日も休みだ。

先々週で、ちとやる気も出てきたのに、またモチベーションは低空飛行。 (ノ_-。)
相津峠も、まだまだ先に持越しか?

さてもち米は、田植えから1か月経過。

Dscf7556

順調である。 (o^-^o)

ようやく自前のこしひかりを、明日植える。
苗代の終了後、珍客(でもないか?)が登場。
目いっぱい望遠で撮ってみたが、いかんせん10年前のあの赤いカメラ。
(まだしつこく使っていて、Gさんも呆れていた・・・)

Dscf7557

かるがも??
よく見たら、6羽いた。
まるでプールで泳ぐがごとく、気持ちよさそうに夕暮れ時を楽しんでいた。

お~い!
苗だけは食べんといてや~ ( ^ω^ )


2017年6月23日 (金)

リフレッシュ工事~トイレ

さてオチとは・・・

まっ、落とす場所ではあるが・・・・・

トイレの洋式化である。
この作業で大変なのは、コンクリートのハツリであろう。
しかも狭い場所である。

Dscf7419

雑な配管がされていて、難易度が上がったとか?

基礎工事~大工工事~内装工事~左官工事と進み、設備&水回りの取り付けで完成!

Dscf7509

この色彩感覚は、何なんだ??  (^-^;

ここでよく見ると、コンセントが付くところが変である。

Dscf7510

最後の工事のところで設備やさんが、
「おいコンセントがないぞ?」

和式では要らぬが、洗浄装置付きとなるゆえコンセントは必要。
「大工さん、忘れたんやなあ~」

忘れたでは済まされない。
なのでオレが行うことに。

壁に穴を開けなければならないので、養生テープを張り70mm×35mmの穴をジグソーで。
ふふん、楽勝やんと、その養生テープをはがしたら・・・・・

Dscf7517

慎重に、そっと剥がしたつもりだが、このありさま・・。  (。>0<。)

設備やさんは、
「忘れたヤツが悪いんやでやり直してもらえ」と言うが、クロスが剥げることに気が回らなかったのは、オレだ。

そこで、何らかのパネルを張って誤魔化すしかないと考え、ステンレス板がいいだろうと判断。
しかしきれいに切ることができるか不安であったので、ちょうど手元にあったこのでかい部品で対応した。

一見、そんな誤魔化しが行われているとは分からない仕上がりと自負。 ( ^ω^ )

さてさて中は、これできれいになった。
が、座ってみると、ドアの汚れが気になる。
和式とは、用を足す方向が反対なのだ。
こちらも残念ながら気が付かなかったようで、オレが塗るぞと、ドアを外してマスキング。

オレは黒、息子は白を主張したが、どうせあのクロスの色彩。
派手にやってやろうじゃないのと、この色に。

Dscf7512

錠前も新品にして、これにて第3次リフレッシュ工事が終了と、相成った。 (o^-^o)


2017年6月22日 (木)

待望の雨

ほんとうに、待ちに待った感MAX!! \(^o^)/

Dscf7518

ようやく残りの田んぼも代搔きを開始。

Dscf7520

毎夜毎夜の雨乞いのおかげか?  ( ̄▽ ̄)

Dscf7523


2017年6月21日 (水)

呑み会

超久しぶりの会議だった。 ( ^ω^ )

Gさん(イタリアの高級ブランドと同じHNですな・・・)との、サシの呑み会は、お馴染みの中華料理店である。
かつてのランニングチーム仲間で、とある領収書の手渡しが名目であったが、楽しい2時間はあっという間で嬉しかった。
いろんな話も聞けて盛り上がったが、昨夜の18~20時ごろ、くしゃみが止まらない方がいましたら、御免なさい・・・・・ (^-^;

2017年6月20日 (火)

第3次リフレッシュ工事

いずれも完全自己負担なら、とても踏み切れなかったと思う。

最初は外壁の剥がれで、これは台風の被害ゆえ一部であるが、保険の適用を受けることができた。

001

3年前である。

続いて1年半前、国の対策による助成を受けて、ボロボロだった内装をリニューアル。

005

すると、商工会の担当者が、
今年度も対策がありますよ。
応募してみますか?

さすがに続けての採用はと不安であったが、申請していただくと、通ってしまった。 ( ̄▽ ̄)
なので、都合3回目のリフレッシュ工事となった。

人間だって足元が大事とか言われるが(オレなんか失格・・・いや足元どころか・・・笑)、建物もそうだろう。

004

せっかく外壁がきれいになったのに、視線を下に持ってくると、色褪せひび割れのコンクリの花壇(?)が、メチャ冴えない。 ( ̄Д ̄;;
が、予算もないのに無理と諦め、自分でひび割れを埋めて塗装をと考えていた。
そこへきて渡りに船の、ありがたいお話。

これにプラスして、トイレの洋式化を含めての申請となった。
本日外回りが完成! (o^-^o)

Dscf7514

さてトイレであるが、ちとオチが付いて・・・・・


2017年6月19日 (月)

父の日

年に一度だけ、幾ばくか、もてはやされる、オヤジの日である。
人によっては、一んちだけではないよという御仁もおられれば、全くの地位向上は望めない方も、中にはあるやも知れぬ・・・ (^-^;

幸いにして、3人の子どもたちからは、ワイン、ビール、衣料と有難くプレゼントを頂戴。

Dscf7508

何だったら毎月あっても、、、なんて強欲なことは考えず、喜びに浸ることにする。

ありがとう!! o(*^▽^*)o

さて先週は6日ジョグすることができた。
5月の総走行距離より多い、90km!

いかに5月がダメダメだったか、窺い知れる・・・・・ (u_u。)


2017年6月18日 (日)

漏れ~その3

水道工事~ノンフィクションである。

どうだこの野郎めと、漏れを仕留めたはずだったが・・・・・

計量器を見ると、まだごくゆっくりとだが、回っているではないか?
そういやトイレの排水が、チョリチョロと音がしている。
確かに以前から気になっていて、ロータンクの入り口にあたるボールタップは昨年取り換え済みである。

「そりゃあ下側のボールが汚れているからだ」
そんなアドバイスを頂戴し、手ではあるが、こすってきれいにしてみた。
(手が真っ黒になりましたがな、、、)

ただそれが裏目に出たのか、かえって余計にチョロチョロ感が増してしまったようである。
仕方がない、それも交換だ。
ロータンクフロート弁という名称の部品。
これはロータンクを外さないと、交換できない。

Dscf7494

外した部品。
横を向いているが、黒いボールがバルブで、アイボリーのカップに収まって、水をせき止める。

Dscf7495

ありゃ、よく見りゃ劣化が酷い。
30年以上経つゆえ、当然か?

これは本来の水道工事ではない。
ゆえにノンフィクションである・・・・・ (o^-^o)


2017年6月17日 (土)

漏れ~その2

水道工事、フィクションの続編である。 ( ̄▽ ̄)

前の画像でVP菅に、VUのチーズ&ソケットで繋いでいるが、まあシロウトでありフィクションでもありということで、見て見ぬフリを・・・・・

自分には簡単に妥協するくせに、人には厳しい天邪鬼。
給水施設は人ではないが、あのまま直らずで終えてしまうのは、どうにも気持ちが収まらない。
いちいち元バルブを開閉するのもしゃくだ。

で、修復しづらいダメな部分に手を加えるのではなく、バイパスをもって対応するは常套手段か?
オレもまた単純にそれを思いついて、工事続行である。 ( ^ω^ )

ちょうど事務所の回りの、昭和の香り漂う花壇を撤去中。

Dscf7478

これに便乗してパイプを埋めてしまえば簡単である。
が、蛇口をこれまでの位置に持ってこようとすれば、出入り口を越えなければならない。
手前に設置すれば、排水パイプの工事も必要となる。

そこで、壁の間を通すのはどうかと調べると、どうやらうまくいきそうに思える。
よし、壁内バイパス手術(笑)に決定だ。

作業場の裏にある水道栓から分岐を出して繋ぐ。

Dscf7485

裏側がむき出しの部分は容易い。

Dscf7486

柱に沿って立ち上げる。

Dscf7488

そして2階部分のCチャンに這わす。

Dscf7481

問題はこれからで、壁と壁の間の、手の入らない部分へ挿入していく。

Dscf7483_2

ほぼ向こう側に行きついたと思い見に行くが、到達していない。
何かが引っ掛かるようだ。
何回入れ直してもダメなので、最終手段、開いてみましょう・・・・・(^-^;

2階の部屋の押し入れの壁を外す。

Dscf7464

そっと丁寧に外す予定が、結果ブチ破ってしまった・・・・・ ┐(´-`)┌
その奥の床面をジグソーで切断し、目視できるように。
するとパイプのつなぎ目のソケットの太い部分が、つっかえているようだ。
なのでこの位置で、再度パイプをつなぎ直す。

Dscf7463

そしてようやく外壁部分の裏側に到着だ。

Dscf7459

物置部屋に回り、ここも床を一部切開し、外壁に穴を開け、外に出す。

Dscf7458

ここからは中を這わすのを諦め、外壁に直接とめた。

Dscf7476

鉄骨の柱の錆が醜いし、流し台の色褪せ感もチト気になる。
こちらも手を入れるとするか。


2017年6月15日 (木)

東京オリンピック新種目

この日曜日のY新聞、県内版に、どこぞのチャリバカが載っておったそうな。 w(゚o゚)w

競技人口からしてマイナーなスポーツという認識だったオレだが、凄いぞ!

日本のトップの選手は全国ネットのテレビで、いくつも放映されたと聞く。
最近の卓球や将棋界と同じく、この競技も若い世代が活躍。
だが負けるな!

Img388

ここはひとつ、親バカぶりを見せてやろうかの~
まずは横断幕を発注するぜ!! \(^o^)/


2017年6月14日 (水)

久しぶりの二見

身近ゆえか、あまり行かない観光地、二見である。
申し訳ないが夫婦岩って、どうなん?なんて・・・

かなり以前、業界の地区総会が二見の旅館で行われていて1度。
同期がとある旅館のご子息というツテで1度、宿泊した。

またチーム脚に入れていただいていた頃だと思うが、マラソン大会に参加したことはある。

そんな、チト縁遠い感アリの二見へ、行くこととなった。
孫のお宮参りだ!

伊勢の人間がなぜ?という疑問はまったくなく、言われるままに、二見興玉神社へ。

Dsc01136

爽やかないい天気。
が、神島は見えず。

Dsc01155

堀坂山から鈴鹿山脈への稜線は、うっすらと確認できる。

Dsc01140

名勝、二見岩である。 (^-^;

厳かに神事が執り行われた二見興玉神社。
過去の記憶をたどっても、覚えがない・・。

Dsc01156

これはモニュメントか? まさか本物か??

Dsc01158

滞りなく終了後は、宇治山田駅近くの日本料理店で昼食。

Dsc01161

オレだけ昼酒を堪能した。  ( ̄ー+ ̄)

次回訪れるは、いつであろうか???


2017年6月13日 (火)

ビワイチ

衰えるばかりの走力で、ロングマラニックの夢は、次第と遠のくばかりである。
大峰山奥駈は、これはマラニックではないオレの最終目標としているものであるが、他には、、、

○ 宮川河口から源流の大台ケ原まで

   過去の別々のマラニックを継ぎはぎで足すと、ほぼ完走に近いのだが、2日間で続けてやってみたい。

○ 熊野古道 伊勢路 中辺路など

○ 天竜川河口から諏訪湖まで

  東名や新幹線で何度も天竜川を渡っているが、あの川が諏訪湖からやって来ているとは知らなかったという 
  お粗末。
  じっくりと河口から遡ってみたいものだ。
  特に飯田までなら面白いのでは?

そして、、、、、

漠然と、びわ湖って回ればどれだけ?
という疑問から登場した「ビワイチ」

ビワイチって何よ??
オレも何のことか知らなかったが、びわ湖1周の略だと出てきた。
どうやらサイクリングを推奨しているらしく、そういった整備がなされているという。

これはランニングでもやっているのではと検索すると、ありました「びわこ周遊ウルトラマラニック」という大会。
200km&160kmの種目。
その距離を大会で走れ、なんてことは到底無理だが、何回かに分けてトライするのもいいかもネ。
長浜には美味しい地ビールレストランがあったはずだし・・・ ( ^ω^ )

取りあえずチャリで下見をと考えている。
なので、超久しぶりに行った本屋で偶然見つけ、購入。

Dscf7474

ついでに、弘法大師の道のゴールである高野山のガイドブックも・・・・・

Dscf7475

夢よ、現実となれ!!!  o(*^▽^*)o


2017年6月12日 (月)

中休み?

そうは言うけど、梅雨入りの初日に降っただけで、ずっと休み続けではないか・・・・・

昨日も当初は雨マークが付いていたのに、いつの間にか消えていた。
さらに週間予報でも、このザマだ。

Dscf7490

梅雨よ、頑張れ!!  ( ̄Д ̄;;

ということで3枚目の田んぼに、なかなか水が回らない。 (ノ_-。)
見上げれば恨めしい、あのパネルが威圧する。

Dscf7473

ミルキースター翌日。

Dscf7466

そして昨日。

Dscf7469

何だか色褪せ?
慌てて散水したが・・・・・

調子の出ないときは何事も、よろしくないことが発生。
自走式草刈り機の振動が、突如大きくなったと思ったら、、、

Dscf7470

あれまあ~・・・

Dscf7471

しかしここまで使うか?  (@Д@;


2017年6月10日 (土)

回復

魔法のテープを巻いての周回路での15kmで、何だか明るい視界が開けたのかもと。
そこで2日休養後に、外回りにトライした。
テープ無しで、16kmだ。

多少の不安となる小さな前兆はあったものの、1時間半。

さらに2日空けての昨日は、17kmのややアップダウンのあるコースに。
そして本日、18km。
全く違和感なしで1時間36分だった。

さすがにバテてぐったりだったが、回復傾向で、嬉しい!  (o^-^o)

さて10日ほど前になるが、大阪へ。
まだ足の痛みがあるころで、本来なら何らかのジョグを組み入れたいところだが、自重。
ほぼとんぼ返りとなったが、それでも淀川沿いを、プチジョグ。
暑いし、すぐに攣ってしまったので冴えなかったが、まっ、ヨシか・・・

Dscf7384

木陰のないのは辛いし、平坦ばかりなのも、オレには面白くないと言える。
が、景色はイイ!

Dscf7385

早朝家を出て、昼飯時にはすでに帰っていたのは、寂しいよネ。 (u_u。)


2017年6月 9日 (金)

籾まき再び

ミルキースターは完全にやり直しとなった。
5月28日に浸漬し、6月4日に籾まきを。

ハウスは閉め切れないので、太陽シートでの発芽は出来ず、昨年通りの発芽器を用意。

Dscf7382

今更慌てたってどうしようもないと、25℃設定で行った。

2日後はほとんど出ておらず。

Dscf7424

3日目で5mm程度か?
そして本日5日目には、、、

Dscf7452

おお、しっかりと伸びているではないか!

Dscf7453

ハウスに運ぶ。

Dscf7455

念のため、上部に覆いを掛けて直射日光を避けてみた。

Dscf7456

コシヒカリは、良い方から選んで半分に減らした。

Dscf7457

神を信じぬ不届きものだが、祈るばかりである・・・・・  (;;;´Д`)

2017年6月 8日 (木)

漏れ

情報であれ何であれ、漏れることはたいへん宜しくない。
まあ年齢を重ねれば、まれの粗相は「笑って許して~」とも開き直れるが、ず~と漏れっぱなしというのは頂けない。
仕事場の水道の話である。


水道料金がじわじわ上がり、以前の倍近くとなってきた。
まあ料金も値上げがあったので、単純に倍消費しているとは言えないが、それでも多い。
実はちょっと前から漏れているかもと指摘があり、確かに元バルブを閉めても、ごくゆっくりと計器が回っていたのは確認済み。
だがその程度だと、漏れている個所の確定は難しいだろうと諦めていた。

が、最近の増え具合に、ついに会計検査院のメスが入ってしまった。。(笑)

「どうにかせんと・・・」

そこで近所の業者にお願いに上がると、、、

「役場で器械を貸してくれるで、どこから漏れとるか特定しといて」

・・・・・・・・・

その特定が困難であると思われるゆえお願いに上がったのだがと落胆するも、まずは器械が借りられるということで1歩前進。 (゚ー゚;

それが、これだ!

Dscf7393

オレは聴診器の高性能版といった、原始的(?)な道具を思い描いていたが、なかなかどうしてである。

Dscf7394

アンプとフィルターか?

そして聴診器の当てる部分に相当する、センサー。

Dscf7395

裏側は、

Dscf7396

このセンサーを、水道管が埋設されている部分に置いて、音を確認する。
まっ、内容はアナログであるな。。 ( ̄▽ ̄)

ところが、このセンサーはかなり高性能であった。
というのも、表の道路を走る車の走行音が、モロ入ってくるのだ。
つまりは、要らん音が入ってきて、肝心の漏れの音が分からないという・・・・・・

そこで、早朝の5時に再度チャレンジ。
それでも分からない。
ついには水道管を掘り当てて、直接センサーを置いてみる。

Dscf7397

さすがにこれならと期待したが、残念ながら分からずじまい。
ついに白旗か??

器械は早めの返却をと念を押されていたので、まず役場へお返ししたが、これで簡単に引き下がるほど人間はできていない。
怪しい個所を探す。

すると、洗車機へいく水道の立ち上がり部分がやけに腐食している。

Dscf7403

この下側かもと推定し、ここへ行く分岐の先でパイプをカットし栓をする。
これで計器が回ればこの配管である。

ところが計器は回らず。 (u_u。)
いっそここなら補修は楽だと、期待していたのだが・・・・・

今後のため、繋げられるようにチーズで分岐を設けるシロート細工で、再び接続。

Dscf7435

バルブも設置。

Dscf7436

さらに台所への分岐の先で切断し、栓をする。
だがこれでも計器が止まるので、まだ漏れ箇所は先となる。

さらにトイレ&洗面への分岐の先から、最終の外回りの水道栓へ向かう部分で切断。
ここでのチェックも計器は止まり、結局全てをコンクリートの下を通って水道栓に行くどこかで漏れているという結論となった。

取りあえずここにもバルブを設置。

Dscf7437

応急的処置に過ぎないが、これでかなり変わるであろう。
都度開け閉めはめんどくさいけどね・・・・・ ( ̄Д ̄;;

しかし、疲れたぜ。 (-.-)zZ

なお水道工事は制約があるので、以上はフィクションということで・・・・・・・・・ (o^-^o)


2017年6月 7日 (水)

米作り最大の危機

1年目は、ありとあらゆる失敗を犯した。
何せ、トラクター左回りの原則さえ知らなかったから、その無知ぶりが頷ける・・。

2年目は体調不良が続いた時期で、除草に手が回らず、刈り取り期に、ずいぶん苦労した。

3年目は天候不順に病害、そして獣害が追い打ちをかけ、収量が激減した。

昨年は刈り取り時期に天候不順が続き、やきもきした。

そして今年の序盤は、苗づくりでつまずいてしまった・・・ (u_u。)

だがこれらの、天候を除けば、すべては自分の責任である。
自分の能力が劣っているゆえに対応が取れず、失敗したり苦労したりの結果である。

ところが、こればっかりは自分ではどうしようもないピンチが起こってしまった。
不安要素はあったのだが、ここまでひどくなるとは・・・・・

今、もち米を栽培している森地区の田んぼを除いて、すべてを湧き水でまかっている。
これがオレのところのウリでもあるのだが、昨年でもギリギリの水量であった。
ところが今年は、さらに拍車をかける事態となってしまった。

原因の一つは雨不足である。
5月の雨量は、平年の3割程度とか。。
だがそれだけではないはず。

太陽光発電に、オレが斜め視線を向けるのは、このためだ!

Dscf7429

これは田んぼの、ちょうど上に位置する場所だ。
奥に写るパネルの真下にオレのところの田んぼがある。
ちなみにこの左側にもパネルがあり、手前の整地されたところは2年前まで田んぼだった。

そしてさらに、湧き水の真上にも、今年にソーラパネルが建設され、さらにさらに、その上にあった田んぼもすべて売却され、ソーラパネルで埋め尽くされるという。

地下水の流れが変わってしまったと考えるのが妥当であろう。
水無くして米作りはできぬ、最大の危機が到来してしまった。

減ってしまった水で、まず1枚を5/30に。
そして次のを6/4に、どうにか植えたものの、あとは雨次第。
せめて例年通りの降水量があれば、あと2枚はと、雨乞いの毎日である。
本日は雨模様で、少しばかりホッとしているが、梅雨明けの夏を、どう乗り切れるのか?
心配は、尽きぬ・・・・・

2017年6月 6日 (火)

苗づくり~失敗

生長こそ遅れたものの、立派な苗ができたもち米。
それに油断したわけではないが、この結果は、重い・・・

失敗は許されぬと気合も十分だったが、その許されぬことが現実となった。 (ノ_-。)

太陽シートを剥がした直後は、

Dscf7352

前日の朝に確認したときは、ほんの少ししか芽が出ていなかった。
そして籾まきから4日後の夕方が、この画像だ。
やや伸びすぎているが、色はいい。
が、その翌日は、

Dscf7358

あっという間に色が褪せてしまった。
そこで散水ではなく、プール育苗に切り替えた。
そしてその5日後、

Dscf7373

緑の陣地が回復してきたが、これでは使い物にはならぬと判断。
ミルキースターの種籾を再注文。
さらに2日後は、

Dscf7379

コシヒカリ20枚ほどは、どうにか使えそうか?
奥側のミルキースターは諦め、全て捨てた。

新たに購入した種籾は、この日曜日に籾まきを行った。
田植えは7月初めか? (^-^;

コシヒカリだが、幸いにして苗が余っている方がいて好きなだけ使えという神の思し召し!

ところが苗どころではない、5年目にして最大のピンチを迎えることとなった・・・・・

2017年6月 3日 (土)

久しぶりのジョグ

心身ともグダグダな状態が続き、どうしようもない日々が経過。
自分に弱い、オレ・・・・・

どうにか昨日から回復傾向で、魔法のテープを巻きながらのジョグは15km。
(魔法のテープ=尊敬するランナーから頂いた包帯状のサポートテープ)

明日の休日も、丸々農作業だ!
気合を入れるっす!!

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »