フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

おおだいチャミーマラソン

第15回おおだいチャミーマラソン大会の実施要項が、役場から数部送られてきました。
参加者を募ってくださいということだと思いますので、よろしく申し込みの程、お願いします。
無料です。

Img378

Img379

口熊野から4週間が経ったが、相変わらずのケツ下の痛みと息の上がり具合がどうしようもない。
走行距離も、そのフルを入れても200kmチョイ。

明日から頑張るぞ~!


2017年2月22日 (水)

やっぱり40か?

営業案内のホワイトボードを掲げたが、その裏側に作成したポスターを貼り付けた。
迷ったものの、やはり40が3枚も・・・ 

Dscf7102

ライトウエイトスポーツカーもいいけど、やっぱり40の復活を目指すとするか?

Img376
(画像は津の呑友が撮影した、以前乗っていた42Vで、赤のカブト虫との対比がイイネ!)

クルマの色は、オレは白に限ると思っているが、ジムニーとか40は、色物もグッ! (o^-^o)


2017年2月21日 (火)

久しぶりの高麗広

駅伝当日はサポートゆえラン休なのか?
だがせっかく内宮まで来ているのでと、ジョグを行った。
当然、高麗広コースだ。

久しぶりだったが、やはりタフなコースだと実感。
剣峠本体の登りを除いても、ここで練習すれば強くなれるはずだ。
時間と脚の関係で、公民館までが限度と判断。
7.5kmの表示で折り返した。

タイムはおよそで27-26-25分と、それほどのペースではないはずだが、脚(左ケツの下)を余計に痛めてしまった。
今も痛みは引かず、当面アップダウンのない平坦地でのスロージョグしか無理っぽい。

3km地点手前に竜ケ峠への入り口がある。
そういやいつだったか、ヒル騒動があったなあと思い出した。
5年ぐらい前と目星をつけて画像を探してみるも見当たらず。
ようやく2008年まで遡り、発見した。

Dscf4193

全員が靴を脱いだり足元を見たりと、説明がなければ不思議な光景。
竜ケ峠マラニックでの一コマ、吸血鬼にヒルんだ次第である。 ( ̄◆ ̄;)

今年は夏場に深伊勢コース50kmを走破したい。

2017年2月20日 (月)

駅伝終了

無事終了ということで、結果はご存知の通り。
市を入れた総合では熊野市さんや尾鷲市さんがいたりするも、昨年より4分近く遅い。
隣町は入賞こそ逃したが、昨年通りのタイムで、もはやライバルではないか?
原因は推察できるが、今年は不言実行。
己の役目、サポートはしっかりとこなしたので、目標達成??  (;;;´Д`)

菰野のUさん、志摩のNさんともお会いできて嬉々。 (o^-^o)

中継所で野口さん増田が目の前にいて、こちらはビックリ。 w(゚o゚)w
カメラを持ってこなかったのは失敗だったが、まっ、イイか・・・・・ (^-^;

2017年2月18日 (土)

オレの宝物

ちょっと前に、なんでも鑑定団で、すごいお宝が登場したと聞いたが、あの曜変天目茶碗の騒ぎは結局、どうなったのか??

まあ真偽はともかく、そんなのに比べればオレのお宝は、言ってみればただの紙屑でしかない・・・

共同経営者(笑)が、机の引き出しを持ってきて、
「この中のもの、要らないのは捨てて」

休憩室の机だが、オレは使っていないので何かを入れることはない。
相手も頻繁に出し入れすることはなく、どちらかというと、「台」といった使い方である。

どうせゴミ同様のモノがダダ草に入っているだろうと、気乗りしないまま取り出すと、、、

Dscf7048

もう完全に無くしたと観念していた、昔の駅伝の記録だ。
何回も探してみたものの、ついに発見できず、何かに紛れて捨ててしまったと思い込んでいた。

Dscf7049

これは郡民駅伝。
昭和53年1月となっている。
そして、

Dscf7050

町民駅伝。

ガリ版印刷か?

あの頃、卒業して地元に残っている者は、だいたい駅伝に声をかけられた。
なので、えっあの人も走っていたのと驚く名前もいくつか・・。
オレも、長距離は苦手で嫌いだったが、その口だ。

このころの記録が4枚。
そして、40代中ごろに再び選手としてお呼びがかかった時の記録が数枚。

あと写真もたくさんあり、さらに完走証も何枚か。

Dscf7046

忘れもしない、初めての目標達成、泉州のもの。
久しぶりの参戦記を読んで、苦闘の記憶が蘇る。

さて明日はいよいよ美し国駅伝!
駅伝はやはりワクワクするよね!!
オレはサポート役を、しかと努めるぜ。


2017年2月15日 (水)

風邪

先月下旬から、寝汗、下痢、心拍数不安定と、ひょっとしてこれ風邪の初期症状?
そんな疑念があったが、ようやくまともに発症した。。 ( ̄Д ̄;;

歳をとれば、治るのも遅いが進行も遅いのか??
日曜日はだるくて、ついに走れず。
懸命に、発泡性のうがい薬を服用しまくったが夜、頭痛とのどの痛みと鼻水で、寝られなかった。

症状は重くならなかったが、3日間、ジョグも出来ずでようやく今朝11km。
例のケツの後ろの痛みも残っていて、どたどたと冴えず。
口熊野の10日前が、信じられな~い・・・・・

今もぐったりとで、どうしたものか。 ゚゚(´O`)°゚

2017年2月14日 (火)

クルマの話

オレというと、「ヨンク」というイメージが強いかと思われるが、、、、、

Lc8

免許を取る頃は、いわゆるカッコイイ車?
スポーツタイプのものに食指が動いた。
で、買おうとしたのが、ダットサンフェアレデイ、SR311である。

松阪市にあった、ユーズトカーWという店に並んでいた赤の中古車は、オレを引き付けた。
45万のプライスカードだったと思っているが、もう買う寸前まで意気込んでいた。
が、その時義兄から、TA22を譲るがという話が舞い込む。
大切に乗っていたその車は、実にかっこいいと思っていたが、まさか譲ってもらえるとは!

ということで話は急転。
SR311はあっさり消えて、TA22が、オレの初めてのクルマとなった。

Img373_2

キャブをいじり、フライホイルも削ってチューンナップ。

オイオイ、フライホイルの軽量化までやるならハイカムにタコアシだろうと突っ込まれそうだが、そういった部品は高く手が出ず。
フライホイルならミッションを下すだけで、後は外注先の工作所に依頼するだけで安価で可能だった。
名神で、メーター読みで190ぐらいだったとおぼろげに記憶している。

そのTA22も、深夜のR42の中速コーナーでスピン!
山と喧嘩し大破・・。 

今も所有していたら150万ぐらい?
もしSR311なら200万以上か??

おっと、タラレバはいけないか・・・・・ ( ̄▽ ̄)

そんな潜在的なクルマへの憧れもあると思われ、昨年のバルケッタにつながったのかも?

001

このバルケッタも嫁に行き、やはり今度はFRのクルマをと、3年程度の禁酒で買えるライトウエイトを物色中。
(止めないけどね・・・笑)


2017年2月13日 (月)

桃園

土曜日の夕方の雪は、当地より奥の方がよく降ったようだ。

昨日の農作業。
途中の坂瀬峠は、練習会に出向いた時と変わり、少しだけ雪化粧。

Dscf7085

道路上は雪もなくスムーズに。
ただ田んぼ等、雪が残り何もできず、倉庫の片づけで終始した。

さて今年こそ桃園の誓いならぬ、桃園の腐れ宴の開催を目論んでいたが・・・

Dscf7087

すでに業者が来て収穫した後だった。
2年前だったか、2列だけは残してほしいとお願いしていたのだが、そんなの忘れるわね、当然・・。

ご存知三国志の桃園の誓いをもじった、3人の男たちの腐れ縁の宴。
いつものう~さん邸での呑み会を、たまにはアウトドアでとの算段だったが、まっいいか。
う~さん邸には、娘誕生時に植えたという桃の木があることだし・・・・・ (o^-^o)

2017年2月12日 (日)

弘法大師道

あらためてビーパルを確認。

Dscf7084

2015年2月号だ。
記事は、、、

Img372

そして地図とコースを照らし合わせると、、、
いつくか県道(?)と思われる峠と交差しているようだ。

もしそうならあらかじめ、めぼしの峠に野営用品をデポしておけば、かなり装備は軽くできて安心かも。
でもこれって、反則技?

オレの頭の中で、かなりクローズアップされてきたが、まずは矢の川峠を。
そして熊野古道(伊勢道)は踏破しておきたい。


2017年2月11日 (土)

一応本日選考TT

木曜からの雪の予報も、あれっ、拍子抜けだなと思っていたら、、、
昨日の夕方からは、ドッと。 w(゚o゚)w

そんな中、日も暮れた時間に仕事で試運転など出かけて前が見えず、恐怖だった。
今朝は銀世界で美しかったが、果たして練習会は、開催されるのか?
何と言っても本日、選考TTなのだ。
(サポート役が確定しているんだけどね・・・)

通常ならわが町は、西へ行くほど天候は悪条件となる。
ところがだ。。

Dsc01100

難所である坂瀬峠はこの通り。
(黄色のダンプ3重連が、時速45km/hで先導してくれた・・・笑)

そして練習会場は、全く雪はなかった。
TTについては言わずもがなであるが、、、
ハタチの女の子に鼻の下を伸ばすおっさんがいた。

あっ、オレのことか・・・・・  ( ̄○ ̄;)!

何年振りか、久しぶりに話ができて、おっさんは、嬉しかったぜ! (*^-^)

なおTTのメニューは、
2km-1km-1kmのレペ。
いつもの200mのグランドだが、やはり中学生には、最初の2kmで周回遅れにされた。
年寄りに、レペはきついぜ・・。

一応この選考TTのために、水曜日に6kmビルドアップを敢行したが、、、
ラストの全力1周(2km)は、9分3秒かかってしまい白旗。
口熊野のラスト2kmと、ほとんど変わらないのが腹立たしいではないか・・・・・ (。>0<。)

2017年2月10日 (金)

直8エンジン

毎月届く業界紙だが、たいていパラパラっと目を通して、ハイおしまいなのであるが、、、

今回、チョイと表紙の写真に目が行ってしまった。

Dscf7083

直列8気筒エンジン??

そんなん今まで見たこともない。 
しかもコンパクトで美しい!

調べてみたら、ブガッテイ

その名前だけは知っていたが、詳しい知識は皆無。

1909年創設で、このエンジンは2リットルという。
性能ももちろんだが美しさにも拘ったと聞く。

実物を見てみたいもんだ!!


2017年2月 9日 (木)

完走証

久しぶりに参戦記をまとめてみたいが、記憶の風化が著しいお年頃なので・・・・・ ( ̄▽ ̄)
まあできればと考えている。

当日に完走証は発行されるが、この「ランフォト完走証」というサービスは、いいね!
本日メールでのお知らせが届き、さっそく取り出してみた。

Img368

左下の文章、、、
「口熊野の風とともに・・・」と書かれているが、風雨でも差し支えないのではと突っ込みを入れたくなるほど降り続いた。
まあ雨よりも、水たまりを避けるほうが困難で苦しんだ感があるが・・。

また10kmごとのラップタイムも記されている。
ちなみに手元の時計では、

26:03-24:28-23:53-24:35-24:09-24:06-24:37-23:48-10:05

スタート1時間前の安静時の心拍が80もあり、平常の1.5倍なので心肺機能の不安はあった。
なので入りは5分10秒ペース。
おそらくこのペースが、多少の余裕を持ちつつ完走できる目安だったのだろうが、5km地点で時計を見てペースアップ。
キロ当たり15秒も上げれば、当然呼吸もきつくなるはずだ。
いつか失速するだろうと思っていた。

ペースが落ちている区間は向かい風のせいか。

レース自体は100%出し尽くして満足だが、それまでが、反省点は多い。

なお年代別だが、1位の選手は3:00:41でゴールされており、はるか彼方!!
やはりおまけということで、

Dscf7071

ひょうたん型のプレート(といのか?)と、ミズノのネックウォーマーが副賞。
Tシャツが参加賞で、完走賞は、バスタオルか梅ジュースを選ぶことができた。
オレはタオルを忘れたので、即バスタオルを選択し、ありがたかった。


2017年2月 8日 (水)

ダブルヘッダー

ランニングを始めてやがて大会に参加するようになり、オレもまた筋トレこそ行わなかったが、やれサプリやらカーボやらを人並みに・・・

ところが初の延岡では無茶なカーボが祟って18kmで、ジエンド。 (ノ_-。)
残りはバスの旅となってしまった。

2011年の延岡では、もう一切そんなの無し。
それでもOKだった。

ただ1週間前から行う3日間の禁酒だけは、敢行。
まあこれは精神的なものであるけどね。

ところが今回は、それもない。
まさに日ごろ、自然体で臨んだことになる。
(いい言葉だなあ、、、笑)

そして前日の土曜日である。

孫の100日参りで桑名へ。
11時より神事である。

Dsc010792

その後はお食い初めで、酒盛りだ! o(*^▽^*)o

Dsc010862

昼酒が、つい進んでしまい、帰路の高速ではほぼ爆睡・・。

すると今度は次女夫婦から、、、
入手しにくい酒が入ったので、ぜひ今夜に呑んでほしいとの連絡が。 (^-^;
これを断るほどオレは野暮ではない。

しっかりとまた呑んでしまいましたよ・・・・・ 


Dsc01096

目指すレースの前日。
昼に夜に、ダブルヘッダー・・・

まともなランナーならまずやらんよね・・・・・

モロお馬鹿さん・・。 ┐(´-`)┌

でも最後の牙城。
スタートの12時間前からは一切口にしないということだけは守ったぜ。
って自慢できることではないよね。 (;;;´Д`)


2017年2月 6日 (月)

口熊野完走!

自分の身体も気象条件も悪コンディションながら、完全燃焼。
こんな思いは久しぶりかも。

ろくに行かないうちに痛めた左足(お尻の後ろ)が攣り、最初の5kmを、26分以上かかってしまった。
だがこれまでの練習を思い出し、つぶれること覚悟で5分をほんの少しでも切ることを考え、雨に負けるなと心に鞭を打ち続けた。
足のあちこちが、場所を変えて固まっているような感覚がひどく、ラストはひどい頭痛にも襲われ、何度もくじけそうになったが、どうにか最後まで気力を保てることができた。

詳しくはまた。
年代別3位というおまけまでついた。o  (*^▽^*)o

Img367


2017年2月 4日 (土)

いよいよなんですが・・・

昨夜はじんわりと5kmで、、どうにかなると思いましたが・・・
今朝は走り出しからお尻の後ろが痛んで走れる状態ではない。
がまんして最後は5分半でしたが、天気予報とともに気分は落ち込む一方。
本日は、とあるイベントで、昼から呑兵衛モードでもあり、まあいいか・・・・・・

とりあえず、朝5時発で、行ってきま~す!

別大、ほか、大会参加の皆さん。
いい結果を期待していますね!!

2017年2月 2日 (木)

弱った・・・

昨夜は仕上げの15kmを。
5分ペースで入り、後半は少々余裕を持ってペースアップできればと。

結果、76分・・・・・ (。>0<。)

何やら怪しい雲行き・・。
けっこう頑張ったのになあ・・・。

んで最後に流しをと、スタートした瞬間、痛ててて、、、 (ノ_-。)

実は月曜日に練習会に出かけ、小中学生に交じって動きづくりのドリルを。
多少の加減はしつつも子どもたちの手前、ちっとは真面目に。
情けなや、どうもそれで痛めたらしい。

火曜日は痛みを感じてラン休。
そして大丈夫と思ってやったのが昨夜のこと。
今朝起きてもまだ痛みを感じた。

ははん、出たな、また事前の言い訳をと思われそうだが、事実だ。
いやホント・・。 (゚ー゚;

2017年2月 1日 (水)

吉野より南へ1日、西へ2日

オレは、政治宗教のことは語らないこととしているが、そもそもその知識がないのが実情だ。
仏の道も神の道も進むことがない不躾者である。。

昨年夏に、還暦祝い龍神温泉ツアーに出かけたが、途中で高野山に立ち寄った。

Dscf6388

これも別に仏教に興味があったわけではない。
どんなところかなというレベルでのもの。

Dscf6395

おそらく中学の社会で、何宗で開祖が誰々と習ったはずだが、恥ずかしながら覚えていない。

正月だったか千日回峰の特集の再放送を、少しだけ見ることができた。
恐ろしいまでの行ですな。
で、そんな影響からか、空海という映画を、アマゾンプライムで観ることに。
ということで、少々は知識も付いたか??

ただそれはそれで興味は終わってしまったのだが・・・・・

昨日、ビーパルという雑誌の古いヤツ(2年前のものか?)を何気に眺めていたら、、、
弘法大師道というのが整備されたと載っていた。
吉野山から高野山までの山岳修行の道は60kmという。

大峰山奥駈はオレの最終目標としているが、もしそれが無理ならこちらにチャレンジするのはどうかと。
さっそく調べると、、、

Img366_4

ちゃんとした案内パンフレットがあり、しかもそれにはランニングプランまで掲載されている。 w(゚o゚)w

さらに検索すれば、何とすでにトレランの大会が開催されているではないか!

オレも年一二度の、フルのローカル大会は探ってみたりするものの、トレランは全く眼中になし。
知らなかった。。

大会で自分の極限を試すようなスタンスはとてもできないであろうが、いつか自分のペースでトライしてみたいものだ。
口熊野が終われば、リュックを背負っての練習を始めるとするか。

大会は6時スタートで20時がフィニッシュの関門とか。
オレなら途中で1泊となるであろうから、25kgの負荷が目安か?

今のスクワット時のバーベルが25kg・・・
チトきついかも・・・・・ (u_u。)

前述の空海という映画。
主演の北大路欣也が若い。
今調べたら、昭和59年の作品だと分かった。
道理だ。


« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »