フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

魚沼産コシヒカリ

次女夫婦の、ハネムーンとも言える旅行のお土産に、お米を買ってきてくれた。 ( ^ω^ )

新潟県の方、あるいはこよなく愛する方には申し訳ないが、当地からのハネムーンで新潟を選択っていうのはと、オレはちょっと戸惑ったが、本人たちが良ければそれがベストなのである。
かく言うオレも、ほんの端くれかもしれないが、妙高はよくツーリングで出かけたし、燕温泉の雰囲気は大好きだった。

で、新潟と言えばごはん好きには垂涎の魚沼産のお米。
そしてコメ農家にとっては、目標というか憧れというか,羨ましいというか悔しいというか・・・・・

Dsc00971

これにもミネラル栽培米と書かれてあるが、肥料の工夫や育て方など、いろんな努力を費やしてブランドを維持しているのだろうと思う。

Dsc00973

オレもまた日々の努力を忘れずに、旨い米づくりにまい進したいと思う。

試食の結果、シロートの舌であるが、確かに旨い!
んが、身びいきかもしれないが、オレのもそん色ないと思う。
倍、あるいはそれ以上の価格差を十分埋め尽くして、釣りがくるかも?  (゚ー゚;
(そこまで言うか、、、)

翌日のきぬむすめとの比較ゆえ、正確ではないだろう。
次回は同時に食べ比べして報告したい。


2016年11月29日 (火)

2017ミスユニバースジャパン 長野

すげ~~~!!
27日の最終選考会で、なっちゃんが代表に決定!!! ヽ(´▽`)/

9/3のマッスルミュージカルを覚えておられるだろうか?
あのなっちゃんが、いよいよ日本代表を目指す。

今のうちにサイン、もらっておかんとあかんなあ・・・ (^-^;

皆様方、応援よろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m

Dscf6784


2016年11月28日 (月)

バリスタ購入

コーヒーは、仕事場では欠かさず飲むが、休日は、まず飲むことはない。
食後はお茶の方が好きだし、夜は当然、おチャケである。。 ( ^ω^ )
まっ、その程度のコーヒー通である。(通とは言えぬか、、、笑)

新聞の折り込み広告で、バリスタというコーヒーメーカーのような機械が無料貸与というのを見かけた。
ちょっと気になったものの忘れ去ってしまっていたが、2度目の広告が。
で、オレより格段にコーヒー好きの家族が、コレいいなあ、導入しよかということになった。

すると、無料のは、定期的にコーヒーを買わなければならないとかの制約があるらしく、買う方がいいという話に。
この時点でもオレはレギュラーコーヒーだと思っていたぐらいで、全く知識がなく、土曜日に到着して初めて全容を理解した。
インスタントコーヒーなのね・・・・・

Dscf6783

けれどいい香りが漂うし、いいんじゃない~ ( ̄▽ ̄)

オレとしては、酒燗器なども導入したいところだが、
レンジでチンで、いいんじゃない~と、即却下がオチだろうね・・・・・ (;;;´Д`)


2016年11月27日 (日)

酔走酩走~悔恨猛省

良い子はマネをしてはいけないし、よろしくない子でも、やはりしてはダメである。
ヘドを吐きながら走ったというツワモノもいるとは聞くが、まあ普通はしないよな・・・

よく飲みに行って帰りに電車に乗った後、記憶がないというのはザラであろうが、あれは眠ってしまうものと思われる。
それに対して今回は、走って移動しているのである。
オレ自身不思議なのだが、それでも帰りの赤倉で、この民宿の看板を撮影している。

Dscf6778

撮影時刻は14:21となっているので、7kmもないのに49分かかっている計算だ。
ここまでは二桁勾配はないはずで、ずっと登りではあるが、困難な区間ではない。
まあ7分超のぺーすなれば、妥当なところか・・。

これ以降の画像はない。

全てを下り終わって、足がメチャ痛むのを感じたこと。
出来れば通りたくないと思っていた有井トンネルを、やはり少しでもショートカットと通ってしまったこと。
16:15ごろに熊野市駅に到着したこと。
時間から2時間45分程度で復路を移動したことになり、スローながらほぼ走り通したようである。

そしてトイレで着替えたこと。
コンビニでアルコールと食べ物を買ったこと。
16:52の普通列車に乗って、最寄りの駅で降りたこと。
歩いて自宅へ帰ったこと。
それは覚えている。

JRから降りるときに手袋を履こうと取り出すと、左側の甲の部分だけ真っ黒に汚れていたが、原因を思いつかなかった。

朝、足を見ると、、、

Dscf6781

おそらく下りで足が勝手に出る時に、反対側の足を蹴ってしまったものと思われる。
そして手袋の汚れは、トンネルで車道に落ちまいと壁側に寄ってしまい、排気ガスの付いた側壁に何度も手を突いたときのものだ。

筋肉痛は、昨日もまともに走れずで、大腿四頭筋ではなく臀部が醜く痛む。

まさに悔恨猛省である。


2016年11月26日 (土)

酔走酩走~どぶろく祭り3

司会の二人が仮設ステージに上がった。
主催者も心得たもので、あいさつは簡単。
ただし飲酒運転の禁止は、何度も言っていた。

Dscf6768

宮司さんの挨拶も手短で、今年の出来は、やや辛口らしい。。

Dscf6767

この小さな建物にどぶろくが置いてあるようで、左側に法被姿で待機している方が、注ぎ手さんだ。
手前の人たちは報道陣のようで、何とカメラには、CBCやら東海やらメーテレといったメジャーなTV局の名が。
他にもローカル局らしいカメラクルーもいて、中々のもの。
参加者もぐっと増えて、

Dscf6773

太鼓の演奏の景気付けで祭りは開始。

Dscf6772

どぶろくは振る舞われる。

Dscf6774

システムは簡単で、この何とか焼きの器を1000円で買えば、どれだけでも呑み放題。
口当たりのいいどぶろくとあって、祭り終盤にはゴロゴロと参加者が転がっているとか。 (@Д@;

Dscf6769

酸味のあるタイプなら苦手だなと心配していたが、それはなく、意外にすっきりとした呑み口だ。
アルコール分はそれほど高くないような気もするが、何せどぶろく、油断はならないと慎重に呑む。
そう配慮したつもりだったが、わずか20分で、2杯空けてしまった。。 w(゚o゚)w

風もそれほど無くいい天気で心地良い。

Dscf6776

実際、到着してから1時間ぐらいは半袖短パンの、ラン姿で居たほどだ。

さらに杯を重ねると、帰りが心配になってきた。
そこで隣でグビグビやっておられる妙齢の女性二人がいた。
これだけ吞んでいるので地元の方だとあたりをつけて、ナンパ、、いやお尋ねをする。

「地元の方ですか? ここから熊野市街へ戻る交通機関ってあるんですか?」
すると、
「私たちは海岸線のほうから来たの。運転手はもちろんいるわよ」
そう言いながらも、バスはあるはずと、ささっとスマホで検索してくれた。
「あった。14:31、農協前発」

おおそれは神の思し召し。。
ただローカル線は時折、土日運休とかあるので、確認に行く。
「あっ、農協は向こうね」

歩けば500m程だったか?
確かにバス停があり、運休は無さそうである。
ちなみに向かいには酒屋もあるという、イイロケーション・・・ (^-^;

よしよしと会場に戻ると、その早歩きした分、何だか酔いが進行を早めた模様。
これはバスの時間まで呑んでいたら、正体不明に陥るのでないかと不安である。
ここは早上がりして、歩いてでも帰るべきではないかと考える。
そこで13時半に復路をと決定。

あまり上手いとは思えないカラオケを聞きながら、さらに2杯ほど頂いて、タイムアウト。
会場を後にする。

Dscf6777

まだまだオレは、しっかりとしていたはずだ。
この画像は13:32となっていた。
だがこのあとオレは、ホワイトアウトの如くと化していくのだった・・・・・


2016年11月25日 (金)

酔走酩走~どぶろく祭り2

駅を出てしばらくでR42に出る。
お馴染みの、

Dscf6740

鬼ケ城方面や、

Dscf6742

獅子岩など、先の不安など全くなく余裕のスタートである。

有井駅の近くを過ぎ、やがてR311へ右折。

Dscf6744

前方には低い山が見えるが、そのうちの一つでも越えるのか?
コメリを過ぎると上り坂は始まった。

今回着替えなど、すべてを背負ってのランである。
普通なら熊野市駅のコインロッカーに着替えは入れておくのだろうが、祭り会場ではまったりと過ごして戻らなければならない。
風が強い予報だったので、そちらでの着替えと保温を考えて、ゆえである。
あすなろう鉄道マラニックで、一応はリュックを背負っているが、荷物、時間とも比ではない。
なので最初の登りがきつく感じた。
短いトンネルを抜けると下り坂となる。
ソレ止めてほしいですけど、と思っても仕方がない。

今回、復路はほとんど下りと勝手に思い込んでいた。。 ( ̄Д ̄;;
わずかな登り返しでも、帰りは辛いんだよなと、そんな甘い序盤の考えは、後で見事に吹っ飛ぶ。

金山交差点で、県道52号線へ右折。

Dscf6745

すると、あれっ、これからどちらに向かうの??

Dscf6746

先ほどのR311方面とは変わって、そこそこの山が連ねているぞ!
通常峠は低い鞍部等を越えているのだが、どこにあるのだろうか?

そしてこの集落を過ぎると、激坂が始まった!
二桁斜度がバシバシと現れる。
喘ぎ続ける、オレ・・・

何といっても最近は、高度な坂道センサーを身につけているゆえ、すぐにへ垂れてしまう。
熊野少年自然の家というのが標識にあったが、メチャ遠く感じた。
やや坂道が緩くなっても、もう落ちたペースは戻らない。
ただ時折見える熊野灘の眺めは、すごくきれいで慰めとなった。 ( ^ω^ )

Dscf6747

道路には1kmごとの表示がされていたが、県道の起点と思われる御浜からだろう。
熊野市駅からのオレの行程と、大体等しいと推定する。
その表示がなかなか増えていかない・・・ (。>0<。)
時折地図を出して確認するも、まだ続きそうだ。

だが見える山が高くなくなってきて、どうやら峠が近いことが伺える。
旧道らしき道が右に見えたが、かなり荒廃していて行く気にならず、ある意味ホッとする。
そしてついに峠のトンネルに達した。

Dscf6748

峠の標高は、後で調べたら558m。
トンネルで越えるも、かなり直下まで来ているように思えるので500m近いのか?
ただし海岸線からのスタートである。
下調べを怠った愚かさであるが、予想外の展開だ。 ┐(´-`)┌

さてトンネルを越えるとそこは、どぶろくの桃源郷が広がっていた・・・
そんなことはあるわけもなく、さらに予想外の展開は続く。

ずっと向こうに大きな岩場が見えたが、さらに標高を落としたその下方に道が見えた。
まっ、まさかあそこまで下るのではあるまいか?
しかし周りは桃源郷どころか、全くの奥深い山中である。

狭い道はどんどんと下る。
正直、どぶろくを諦め引き返そうと思った。
が、ここまで来て帰るのも癪だ。

ぐっと標高を下げ、赤倉の小さな集落へ出た。
ちょっと一息である。
見返すと、、、

Dscf6754

いったいどこを越えてきたのか?
だが目的地の大森神社までは、6kmとある。

Dscf6751

あと6km。
目的が具体化してやや元気を取り戻すも、さらに川沿いの道は下り続ける。
すると目の前に、大きな岩場が飛び出した!

Dscf6756

峠を越えて見えた岩場だ。

Dscf6757

はるか下に見えていた道を、今オレは走っているのか・・・・・

脚は重くペースは上がらなかったが、きれいな川が心地よかった。

Dscf6759

人の気配など皆無の山の中、まだ続くのだろうか?
そういや車は、峠までに2台、下りになってからも3台追い越していっただけ。 (^-^;
本当にどぶろく祭りは開催されているのか???

やがていきなり、まさに忽然と景色が広がった!!

Dscf6761

先ほどまでは何だったんだと思わんばかりだ。 (゚0゚)
そしてすぐに、この看板が、、、

Dscf6762

ようやく11時前に到着できた。
スタートして2時間22分が経過していた。
祭り会場は、、、

Dscf6763

神社での神事は、、、

Dscf6764

どぶろく祭りの開始は正午からで、まだ1時間ほどある。
なので、

Dscf6765

まだぽつぽつといったところか?
それでもすでに酒盛りモードのところや、ビールをあおっている人々も多くいた。
オレもまた、まずはビールと、のどを潤す。 o(*^▽^*)o

そしていよいよ12時ぴったりに、祭りが開始された!!!


2016年11月24日 (木)

酔走酩走~どぶろく祭り

酔っぱらって事をいたして、効率が向上することはあまりないだろう。
(持続力が、、、なんておっしゃるお方は、勝手に下ネタやってて下され・・・笑)
飲酒運転を例にとれば、運転能力の低下は明らか、ご法度である。
たとえ大して負荷のかからない遅いペースのジョグであっても、酔っぱらってやっての向上はない・・・・・  (;;;´Д`)

どぶろく祭りと言えばすぐ白川郷を思い出すが、数年前に、熊野でも開催されることを知った。
そこで一度は参加してみたいと思ったが、、、

会場である大森神社から数キロ行けば、そこはもう和歌山県。 w(゚o゚)w
熊野市街からは、結構離れた山中であるようだ!

車じゃないと行けやんやんか・・
三交バスの路線図を見ても載っていない。
(あとで教えてもらい気が付いたが、実際は1日3本のバスが運行されていた)
つまりは運転手確保が必須で、呑兵衛ばかりでツアーは組めないし、宿泊施設も無さそうだ。
ならばキャンプでもと思ったが、なかなか実行には至らず・・・・・

ところが例の加齢の話である。
今できそうに思うことでも、この先できなくなってしまう・・・
つくづくそう感じるようになり、古い言葉だが「今でしょ!」と思った訳だ。
しかも調べてみると、最寄りの駅となる有井駅から18kmちょいと分かり、これ楽勝じゃない?

そう、距離だけを見て軽く考え、地図の途中にある「札立峠」のことなど、まったく気にも留めていなかった。
尾鷲ならともかく、熊野の向こうの峠。
小さな登りを超えれば、その先にはどぶろくの桃源郷が広がっている。
そんな甘っちょろい考えが、オレのあたまを支配していた。

朝まだ暗い中、下り一番列車は6時に最寄りの駅を出発。
紀伊長島ではすっかり明るくなり、尾鷲の手前でお日様が顔を出す。
いい天気だ!

Dscf6736

中部電力の火力発電所。その向こうには大台山系の峰々が広がる。

熊野市駅に、8:20到着。

Dscf6737

風も無く、穏やかだ。

出発の用意をしている間に、ランナーが2名、駅から出発していった。
ひょっとしてどぶろくへ?
いや反対方向へ向かったので、熊野古道か?

オレも準備完了し、8:32に駅前をスタートした。

Dscf6738

距離は20km少々か?
楽勝楽勝と、全くの不安がない能天気なオレは、会場周辺のジョグを追加しようかなとさえ思っていた。
峠も、地図を見ると旧道があるので、そちらに向かう予定でいた。
だかしかし、であった・・・・・

2016年11月22日 (火)

ギャグ??

タイヤの側面に、このような表示が、、、

Dscf6734

NOT FOR HIGHWAY USE

高速道路で使うな???

Dscf6733

ハハ、一輪車のタイヤである。 ( ̄Д ̄;;

さて祝賀モードは一段落、のはずが、、、
昨夜もまたやっちまった。
ばあちゃん(正確には義母だが・・)がやってきて一緒に夕食。
なれば吞むっしょ!
と、オレだけでグビグビ・・・・・

そして明日は、
熊野のどぶろく祭りへの出陣を画策している。 (o^-^o)

ただ、行きは良い良いだが、
帰りは酔い酔い・・・・・

無事帰還できるであろうか???


2016年11月21日 (月)

赤ちゃんがやってきた!

苦しんだ初産とは打って変わり、予定日より11日早く、安産で誕生した二人目の孫。
18日に無事退院を果たし、我が家にやってきた。 o(*^▽^*)o

Dscf6721

当然酒盛りである。 (^-^;

ちょうどハネムーン代わりの旅行に行っていた次女夫婦も前日に戻り、CM撮影で首都に遠征中の息子を除いて、集合だ。

Dsc00959

次女の土産も加わり、早々と電池切れのオレであった。 (* ̄0 ̄)ノ

翌日は出生届を提出に行っていた旦那が、旬のものということでワイン、そして日本酒を買ってきてくれ、またもや酒盛りである。

Dscf6723

Dscf6724

そして昨夜はう~さん邸での祝宴だ!

シマアジ、アオリイカ、ホラ貝、アジ、ガシ、そして鮎!

Dscf6732

林立の一升瓶は、写っているのは、まだ半分に過ぎない。 ( ^ω^ )
4時半開始で7時には、曖昧ミー?
いつもの如く、前後不覚の、それでも朝起きてパジャマに着替えていたのを確認。
ただし半袖の、夏用であったが・・・・・  ┐(´-`)┌


2016年11月19日 (土)

駅伝断念

2日前にビルドアップを行った。
かつてやっていた、駅伝用のメニューである。
2kmの周回路を3周。
ラストは全力だが、ピークだった頃でもなかなか8分を切ることができなかった。

今や9分を切れないので、それを目標にトライしたのだが・・・・・

3周目の半分で、つぶれました。 (ノ_-。)
息も上がりどうしようもない状態なので、さぞかし心拍が、心房細動の発作時ぐらいになっているのではと確認すると、それが思ったほど上がっていない。

そういや最大心拍数は、220から年齢を引いた数値と聞いたことがある。
加齢により心臓が、思ったほどの能力を発揮していないのか??
だとしたら、今後スピードが上がる可能性は、かなり低いことになる・・・ ( ̄Д ̄;;

練習ができていなかったゆえ、早々と久居リレーマラソンは断念したが、明和町駅伝は参加したいなあと思っていた。
それもまた諦めていたら、数日前の新聞に、飯南駅伝の案内が出ていた。
よしこれだと、さっそくチーム編成をと意気込んだが、、、

Img362

昨日ダウンロードして要項を確認すると、
締め切り当日であった・・。  (u_u。)

ということで、2月のあの駅伝を含めて、すべて断念無念・・・・・ (* ̄0 ̄)ノ


2016年11月18日 (金)

資格試験

この年で試験を受けるのは、ご免こうむりたいものだ。
何せテキストを読んでも頭に入るわけがない。
ただどうしても必要なれば、致し方がないだろう。

この11日の試験もそうだった。
オレの本業なら当然、自動車保険も取り扱うことは必須。
だがその業務には、オレは関わらないことにしている。
全て、担当は君ね、、、と丸投げだ・・・  (^-^;

ところが、なぜだか急に、事業主にはその資格が必要と迫られた。
「えっ、聞いてないよ、そんなん」
そんな抗議も即却下され、オレは追い詰められた。
よし仕方がない。
10日前から勉強開始だ!

それが例のPC騒ぎで、それどころではない。
そこで考えた。

テストは一部を除いて○か×である。
そして合格点は10点満点の70点。
例題集を完璧に覚え、テストのうち例題集から半分出たとして50点確保。
残りの半分を、例えすべて○と回答しても25点確保で、合格!!!

半分例題集から出るとか、○×が半々とか、あくまで推定であって、何の確証もないのだが、それを信じることに。。
そしてその例題集を4回行った。
ついぞテキストは開けなかった。
見れば余計にこんがらかるわ・・・

11日の本番。
今どきペーパーテストではないんですな・・
PCの画面でポチるという、あまり見たくない状況ながら、それもまた仕方がない。

基礎は順調に例題集から出たが、種目別(笑)は、3分の一?
落ちたかもと不安MAX。 (;;;´Д`)ゝ

PCでの試験ゆえ、合否の判定などあっという間にできるはずだが、もったいぶって、発表は昨日。
まっ、無事合格で、ほっと一息。 ( ^ω^ )

9月の狩猟免許(わな)についで、今回と続いたが、当面はないだろう。
保険の方は5年後にまた受けなければならないそうだが、その時はその時か・・・・・

2016年11月17日 (木)

大会パンフレット

PC騒ぎも一段落、落ち着きを取り戻しつつある。
ということで、ランネットの大会ガイドなどを、覗いてみたりと・・・ (^-^;

3/26の、四万十川桜マラソンとかいいんじゃない。。
でもちょいと遠いか・・・

あれ、口熊野はまだエントリー可能だ。
気合を入れて出るのならいいけど、どうなるかね、この先の走力は?

そして、思わず申し込みしようかと目にとまったのが、奥熊野、ウルトラだ。。
近くでいいけど、そもそも100kmなんて、走り切れるのか、まったく自信がない・・。

と思っていると、本日大会パンフレットが届く。

Dscf6720

ムフフ、頭の片隅には置いていた大会である。
しかしよく見ると、、、

えっ、土曜日開催?

さらに新コース登場で、途中下車コースという何とも言えないネーミング。  (@Д@;
何か意表を突かれたというか、いやあ、ハハハハハと・・・

香住が4/22の土曜日、奥熊野は翌日23日だ。
旅気分の香住か、11年ぶりのウルトラか、あるいは・・・・・

こういった時が楽しいんだけど、まずは走力アップが課題か。。  (ノд・。)


2016年11月16日 (水)

PC復旧

結局、プロにお願いした次第・・・

先月末からどうもおかしいと思っていたら、American Megatrenndsという画面が立ち上げ時に表示されるようになった。
F1キーを押さないと、Windowsにならない。
さらに動作がメチャ遅くなり、使い物にならなくなった。

で、調べたらハードドライブを交換しないとダメとなり、どうにか自分でもできるのはとトライした。

まだハードディスクが生きているので、丸ごとコピーすればいいんでないのと情報を探すと、無料ソフトで「クローン」を作成するのが簡単そうだと。
そこで外付けHD(以下HDとす)を購入し、ソフトをダウンロード。
時間はかなり要したが、完了。

さっそくそのHDで立ち上げようとするが、まったく無反応である。
むむ、これはやはり内蔵のでないとダメなのか?
なのでさらに内蔵HDを投資。
が、やはり不可である。

う~む、無料ソフトの限界か??
その時、ジャストのタイミングでソースネクストのメールマガジンが届き、「OS丸ごとコピー」というソフトの案内。
こいつ、オレの窮地を知ってるな???
まっ、そんな訳ないだろうが、渡りに船。
即ポチリ、ダウンロード。

ところが何回やってもコピーの途中でエラーが発生する。
元のHDの修復を繰り返していると、どうもそちらのほうが、ますます反応が遅くなってきた。
ソフトの説明書を見ると、HD自体に不具合があるとダメだそうで、それを調べると、8kなんとかのセクタ(だったか?)が壊れているらしい・・・

そんなこんなで5日間の格闘を決行したものの、最後には、元HDが完全にオシャカになってしまった。 (。>0<。)

シロートが無知を棚に上げ、ひねくり回した挙句、プロに依頼するという最悪のパターン。
オレもまたそれを実践してしまった・・・・・ ┐(´-`)┌

で、プロのショップに持ち込み、修復依頼。
すると翌日、
「ほとんど残っていませんよ」と、地獄に突き落とされる連絡が入る。

えっ、弥生会計と自動車整備業の大切なデータがあるはずです、とすがるも、、
「ああ、ピクチャーはみつかりましたが、、、」
「⤵」

オレの業務で、もっとも大切なデータ。
不具合が発生すると困るので、わざわざPCを分けて、それ専用で使っていたのに・・・
途方に暮れるオレ・・・・・

そこで思い出したのが、最初にクローンを試みた、外付けHDである。
それで復旧できないものか???
早速持ち込むと、、、

「戻りそう」と電話が入る。
で、ものの半日もかからず元通りとなった!! ヽ(´▽`)/

と、そのような顛末で、無駄な日にちと労力と、そして痛い出費が・・・・・

ただまったく無駄になったわけでない。
あのマウスが使えない、アルファベット&数字の世界を、ほんの少しは理解できたやも。
と、そんな強がりを言って、自分を慰める、オレである。。  (;;;´Д`)

Dscf6717

窮地を救った外付けHDと、根性なしだった元HD。。
腹立たしいので、蓋を開けてみた。

Dscf6719

ちなみにmade in chinaだった。


2016年11月14日 (月)

孫二人目誕生!

昨日は、結果として30kmジョグとなった。

予定は、来る峠越えマラニックの練習としての相津峠越え32kmだったが、早朝よりの、「生まれるかも」という電話で通常のジョグに変更。
烏岳をぐるっと回るコースで、およそ30kmぐらいかと目星をつけて6時半スタート。

前半は身体も重く、20kmにしようかなと心は揺らぐ。
けれども桜峠を越えると少々身体も慣れてきたのか、ちょいとペースが上がり行けそうと判断。
15kmが1時間22分ちょい。
そこから立梅用水沿いのフラットなコースでリズムができ、ラストも堪えて5分ペースを刻むことができた。

ほぼ30kmで、2時間36分40秒と、まずまずだ。
昨年の8月ぐらいのレベルか?

そして昼の農作業も終盤。
4時半ごろに、3440gの男の子誕生という知らせが届いた。  o(*^▽^*)o

孫二人のジイジとなりましたぜ!!

2016年11月 8日 (火)

強風の土山マラソン

好天気に恵まれると思っていたが・・・・・

JRの車内からは木々が揺れているのが見える。
亀山駅に近づくにつれ、それは大きくなってきた。
さらに、出がけは快晴かと思われたが、なんだか不穏な雲行きである。

だが会場に到着すると、薄曇りだがそれほど風も無いようだ。
足首(正確にはくるぶしの下なので、足首ではない?)の痛みは変わらずで、予定通りファンラン気味のペースを決めこむ。

ウエアは土山専用の、、

003

これだ!

強風ならチト寒そうと思ったが、大丈夫っぽいという判断である。
だがスタートが近づくにつれ、何だか厳しそう・・・

10時25分、まずフルマラソン女子の部がスタート。

Dscf6691

今どきの大会としては、やや少ないように思う。

続いて男子の部が10時30分にスタートした。

Dscf6694

(なおハーフの部はその後のスタートとなる)

すぐにスタートラインに戻り、オレも走り出す。
6分ペースが精いっぱいかなと思っていたが、足首の痛みはそれほど気にならず、まずは順調な滑り出しか?
最初の5kmは、27分16秒。

Dscf6695

これは5km地点手前の給水ポイントか。
全てのエイドを制覇が今回の目標なので、まったく喉は乾いていなかったが、取りあえず1口頂いた。

気にならなかった風が吹き出したのは、ダムを上がってからだったと思う。
上流の集落をぐるっと回って折り返すと、風が気になり始めた。
ダム湖沿いでは風除けにされたのか、真後ろにぴったりと付かれて何となくイヤである。。
だがそいつはオレに見切りをつけたのか、ダムからの下りでさっさと前に行ってしまった。
気のせいだったのかも。 (゚ー゚;

給水ポイントは、

Dscf6696

そして、

Dscf6697

ダムを下りきると、ハーフとの別れ。
ハーフは左車線、フルは右である。
その左車線に私設エイドが開かれていたが、そっちはハーフのコース上ということにして通過。
するとすぐ右に私設エイドがあったのを見落としてしまった。 (ノ_-。)

15km過ぎにして、すでに目標が潰えてしまったではないか・・・ ( ̄Д ̄;;

ハーフと別れて、すぐに給水ポイント。

Dscf6698

そして18kmで右折し、このコースの名物、地獄の坂である。
距離はそれほどではないが、傾斜がかなりのもの。
最近はオレも立派な坂道センサーを身に着けているので(笑)、喘ぐ。
がこの登りで、先ほどダムの下りで抜かしていった、「仮想抜かすべき敵」に追い付いた。
いつかは抜くぞと目印にさせて頂いたのである・・・・・  (;;;´Д`)

登り切れば茶園が広がる気持ちのいい直線だ。

Dscf6699

下って右折すると、強烈な向かい風がやってきた。
かなりきついぞ、これは・・・

ハーフは1時間52分だったか。
すぐに右折すると、いったんは横風となり一息つく。

Dscf6700

だがそれもつかの間、再び先ほどの直線路に戻ると、強風にあおられる。
何とか一番北側までと我慢の走りが続く。

Dscf6701

そしてその最北部を回り込んで逆向きとなると、当然ありがたい追い風となる。 ( ^ω^ )
なので25~30km間は、25分58秒と、最速となった。
ところがその次は、私設エイドでお世話になったりして、ややペースダウン。
写真を撮ったが、ここからカメラのレンズが曇っていたらしく、うまく写っていない。

Dscf6703

さて脚全体にきいてきていて走りは苦しい。
練習不足が露呈である。。

私設エイドでは、、

Dscf6705


Dscf6707

それ以降の画像はもう判別できないぐらいでボツ。

35km以降はもう限界だったがどうにかペースをキープ。
40kmから最後の直線の緩い登り。
ここで痛恨の大失態を犯してしまった。

ほぼ限界だったので、もう回りを見る余裕もなく、あと少し、あと少しと脚を動かすのみ。
ところがそこで、孫のサプライズ応援があったのだ!

「じーじ、じーじ」という声は確かに聞こえた。
(多分旦那が孫に言った声だと思われる)
が、まさかである。
同じように呼んでいるところはいくらでもあるだろう。

ああ振り返ればよかった・・・・・ (。>0<。)

ゴールして着替えて貴重品を受け取り、ようやく携帯を確認して娘からのメールでそれを知った次第・・・・・
なので結局会うことも出来ず仕舞い。
またわずかな時間で、昨年は乗車できた送迎バスには間に合わず、1時間後のバスとなってしまいガックリ。

津駅で降りて、近くで祝杯をと意気込んでいたが、身体にもかなりダメージがあり、そのまま帰還することにした。
家で駅伝の録画を見ながらの、ささやかな祝杯であった。

手元の時計。

27:16-26:46-26:24-26:20-26:36-25:58-27:10-26:30-11:18

計 3:44:22

きのうは歩くのも足首は痛かったが、本日はそれほどでもない。
この先、どうしようっかな~・・・・・

なお土山専用ウエアだが、、、、、
気が付いてくれたのは、スタート時のカメラマンと、最後の方のエイド1か所だけだった。
もし来年参加なら、もう少し考える必要があるかもね・・・・・ (@Д@;


2016年11月 7日 (月)

土山マラソン~しょぼフォー

とは言え納得のタイムである。
練習内容もさるjことながら、足首の痛みでカメラ片手に自重ラン。。
3時間44分22秒で、土山では珍しくイーブンペース。 (^-^;
(ただし強風ゆえ変動あり)

途中で、もう大会参加はいいかなと、何だか気持ちは盛り上がらず・・・・・
まっ、それでもバスで、JRで、帰宅後と、しっかりと潤してやったので、ヨシとするか。。
( ^ω^ )

孫の応援に気づかなかったのは、大失態であった・・。 (。>0<。)

詳しくは、また。

2016年11月 5日 (土)

パソコントラブル

月末ぐらいから経理部のパソコンがメチャ重くなり始めた。
経理部と言ってもオレがやっているわけだが(笑)、どうやら限界がきたようだ。
立ち上がりに警告画面(?)が出て、必ずF1キーを押さないと立ち上がらない。
請求書1枚打つのに数分は要する。
すぐ応答なしとなるなど、使い物にならない。

こんなんクレームや!
と調べたら、すでに4年が経過していた・・・  (ノ_-。)

パソコンって、車と同じで自己診断があるのですな。
初めて気が付いたので、さっそく行うと、、、

ハードドライブに深刻な障害があるとか・・・・・

どうやら交換しか道は残されていないようで、即発注。
作業自体はミニタワーのブツゆえ簡単そうである。

Dscf6684

初めて買ったパソコンの中を見たときの驚きを思い出す。
中にはぎっしりと、という思い込みを完全にくつがえす、あのスカスカ感!
でっかいタワーだったもんな。。

今はミニなので少々は窮屈だが空間は広い、あっさり交換できた。
が、問題はここからである。

Dscf6687

すっかりお手上げだ・・・・・  (。>0<。)


2016年11月 3日 (木)

至福?

さて日本酒が届いた昨日、期せずして焼酎もやってきた。
限定ポイントの期限という策略に嵌められてポチッてしまったヤツだ。

まあそれでも好きな焼酎が安く手に入ったので、結果ヨシである。。 ヽ(´▽`)/

Dscf6681

今朝のジョグで、左足首を痛めた。
ちゃんと言い訳の準備も怠らない・・・・・ ( ̄Д ̄;;


2016年11月 2日 (水)

検診

きのうは年に一度の検診だった。

不安を抱えていたのは当然、肝機能と尿酸値である。
ところが、尿酸値がわずかに基準を上回った(7.1)だけで問題なし。
逆に自信満々というか、まったく問題にしていなかった便潜血で引っ掛かってしまった。

何といっても4月に苦闘のポリペクを受けたばかり。

検診の最後はドクターの診察であるが、いきなり、
「痔はありますか?」

いや持病はありませんと切り返せなかったのは残念であるが(笑)、はっきりと否定。
すると、2体のうち1体で+反応という。
先生、半年前にやったばかりですよ。。

いろんなことで(たとえば痔とか)陽性反応は出るので、またかかりつけ医と相談してくださいと、ドクター。
前回も、検診→近所の病院と回って同じ結果(1体だけ+)だったので、精密検査となった。
さて今回は、、、、、
あの苦しみを思い出すだけで、気が重くなる・・・・・ (ノ_-。)

先月、そこそこ走ったので赤血球がどんなものかなと思ったが、、、
4.45と、以前の走らない時とあまり変わらない。
まだまだジョグが足らないか・・・・・ (;;;´Д`)

さて欠かすことなく呑み続けているが、ちょいとここらで節制を。
と、その今まさに、八兵衛純米酒の会の、最後の領布酒が届いた。

Dscf6680

禁酒の決意は跡形もなく、いずこへと消え去った・・・・・ ┐(´-`)┌


« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »