フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2018年6月21日 (木)

中干し

最初の田植えから6週が経過。
下田地区のこしひかりとひでこもちは、わさわさとなってきた。

Dscf0573

分げつ状態を確認すると、、、

Dscf0572

目安とされる18本前後となっていて、本日より中干だ。

水尻を切って落水。

Dscf0575

今年も溝切り機を用意できなかったが、水はけのいい田んぼ(=水持ちが悪い)ゆえの、購入への踏ん切りの付かなさよ・・・・・ (^-^;

Dscf0576

きのうは県南部に大雨警報が出ていて、今朝の宮川もメチャ濁っていたが、朝からじっくりと回復傾向。
ヤギも小屋に閉じ込められたままだったが、今日はおもてで十分に食事ができるだろう。

同じ日に植えた森地区だが、、、

Dscf0580

まだ少し早いか?
オレのとこより1週間以上早く植えた隣の田んぼもまだ、中干に入っていない。
こちらはもう少し待つべきか?

今年はしっかり梅雨空で、じゅうぶんに湧き水が確保できて嬉しいが、中干の時はいい天気であってほしいと願うは、人間の身勝手さでしかない。
が、まっ、願うだけならヨシと。 (o^-^o)


2018年6月18日 (月)

野上がり

きのうミルキースターを植え、これですべての田植えが終了。
野上がりだ!  o(*^▽^*)o

ことしはきっちりとした梅雨ゆえ、水に困ることがない。
このまま梅雨明け後も、適切な降雨があってほしいと願うばかりである。

金曜日の夕方に水を入れるのを止めて、土曜日の代掻きに備えたのだが、、、、、

何と翌朝、通称南岸の田んぼの土が、けっこう出てしまっている。
かねてより水回りの悪い、いわゆる「ざる田」だが、これはひどい。

まず大丈夫なもう1枚を代掻きし、その間通水していたのだが、やはり無理。
そこで再度、夕方に代掻きを。
そして日曜日、時間があまり経っていないせいか、泥の収まりが悪そうである。
なので南岸は午後からとし、しかも田植え機のスピードもごく押さえて操業した。
(機械が進むことで泥が寄り、植えた苗が倒れないか心配ゆえ)

Dscf0555

まあまあ及第点か?

Dscf0556

終了後に田植え機を洗車。

Dscf0557

トラクターも一応野上がりで(笑)、きれいにした。

Dscf0558

ハローも切切り離し、一番奥に鎮座。

Dscf0559

2か月半に渡り苗を育てたプールもお役目御免。

Dscf0560

絶妙のタイミングで親戚の方が、釣り上げた鮎を持ってきてくれ、ビールと2種類の日本酒で、野上がりを祝った。
\(^o^)/


2018年6月16日 (土)

百姓、ヤギを飼う

それがどうしたと言われそうだが、有村浩著の「フリーター 家を買う」のモジりということで・・・・・ (o^-^o)

ペットとしてはもちろんだが、除草や猿追いの助っ人にも有能であると言われるヤギ。
昨年飼おうと思い立ち、そういった業者を探してみた。
名古屋にあるというので、いとこに偵察を依頼。
だがどうもよく分からないという返事であった。 (u_u。)

すると、何とヤギ専門の市場が開催されるうえ、一般の者でも気軽に参加できるというではないか!

ただよく見れば、年に1回で、しかも全国で4か所だけという。
幸いにして、愛知県新城市であるというのでときめいたのだが、すでに昨年のは終了していた。

で、今年こそはと思っていたのだが、中々開催の情報が出てこない。
ひょっとして今年はないのか?

するとようやく5月の末ごろに6月15日開催と出ていて即、日程表の15日の欄に、「ヤギ」と書き込んだ。
(カナ釘流初段の腕前はどうだ・・・)

Dscf0553

ヤギの住居の設営さえやっていないのに、果たしてそれでいいのかと思いながらも、まずはヤギ市場初体験だ!

4時起きで(もっと早く目は覚めていたが、、、笑)準備し、4:45に出発。

Dscf0520

幸いにして小雨で助かる。
会場で食糧補給は出来ないと聞いていたので、ここで買い出し。
すぐに新城ICだ。

Dscf0521

ナビが装着されていない車ゆえ、事前にしっかりと頭に叩き込んでいたが、いっさい看板や案内板のたぐいはないので、入り口を間違えた。
ヤギの搬入者がたくさんいるだろうからすぐ分かるであろうという、その程度の頭への叩き込みなので、仕方がないか・・・  (^-^;

Dscf0530

到着は7:40で、セリは11:10なので、時間は余裕があり過ぎ。
ヤギウオッチングにいそしむしかないが、やたら鳴き声が響くので、さすがに疲れた。

しかも到着直後に一目惚れした女の子がいて、迷う必要もあまりなくなってしまった。
中央の黒色の小さいヤギである。

Dscf0522

しかも右にいるのが生産者の方だが、水をやったり餌をやったりと、かいがいしく世話をしている。
いかに大切に育てられたのかが伝わってきて、さらに思いが募る。

まだ画像は人もまばら。(データは7:51となっていた)
だが次第に集まってくる人の注目度は、ひいき目なしに、かなり高い。
本日のNo1、センター決定ではないか?

ということでそれ以降は、もしこの子をゲットできない場合の押さえ探しである。

Dscf0524

いや~できれば何頭でも欲しいと思ってしまう可愛い子たち。 o(*^▽^*)o

Dscf0534

出品は約350頭。
そしてバイヤーは、受付順で丸いナンバープレートをもらうのだが、それが全て順番通りなら100人を超えている!
ちなみにオレは、ラッキー7だ。 ( ̄ー+ ̄)

やがて11:30、20分遅れで開始となる。

Dscf0536

セリの動画や画像も撮ったが、チト割愛。

値段だが、シロートには判断が付かない。
ザーネン種で証明書(?)付きなら、高いのは12万とか。
中には7000円という、少々ザンネンな種も・・・ 

セリ時間は1頭平均1分ぐらい?
最後まで見るとすると6時間はかかるので、200頭までとし、その中間で例の女の子が。
その中でのザーネン種以外では、おそらく最高値が付いたが、どうにか購入できた。
もうドキドキもんである。

出品者がいたので挨拶。
するとこの子は寂しがり屋で、ひとりになると泣くかもと言われる。

そこでええい、この際だともう1頭買うことに。

ということで黒のオスメスをゲット。
帰りは高速を80kmでゆっくり巡行。

すると、ヤギを載せた軽トラが、追い越し車線を爆走。 w(゚o゚)w
けっこうタフなのか?

そこでオレも少々スピードアップ。
90km前後で帰ってきたが、ずっとおとなしくしていた。

さてヤギとの暮らし。
タイトルが、ヤギの日々日常にならぬようと、戒めを・・・・・ ( ̄▽ ̄)


2018年6月14日 (木)

新ジョグコース

前は、朝起きて給水後にすぐジョグを開始していた。
ところがそれだと、月1~2回は催したりするし、さらにそれが、数回に1回はかなり緊迫した状況に陥ったりして危ない目に遭遇。

そこで必ずジョグコースには、トイレがあることが条件となる。 (^-^;

ここ数年は、前兆があろうとなかろうと、必ず個室で瞑想後にスタートすることに。
なので危機一髪なんてことは激減したが、それでも人生、何があるか分からない・・・

そこで現在実家スタートのジョグも、途中にあることが必須。
2.5kmと5.4km辺りに完備していて、それを中心に多少のバリエーションを楽しんでいる。

それは別として、やはり宮川と総門山を眺めながらが楽しい。

Dscf0457

そしてさらに、このこんもりとした山がアクセントというか、目安となっている。

Dscf0458

これがけっこう目立つ存在で、オレが勝手に、冠山と名付けていたりする。 ( ^ω^ )

支流の浦谷川もきれいだ。

Dscf0459

道路沿いに、こんなのが手付かずで残っているのも嬉しい。 (*^-^)

Dscf0461

この近くの集落の中で、獣害対策のされていない田んぼがあり、何でだろうと羨ましく思っていたが、先日通りがかると、、、

Dscf0455

そうだよなあ。
いつだったかこの近くで鹿と遭遇したわけだから・・・・・

植えて32日後のオレの田んぼ。

Dscf0516

しっかり生長中。 o(*^▽^*)o

だが隣の田んぼと比べると、、、

Dscf0518

まるで違う・・・  (@Д@;

そのうち追い付くさと、つぶやくオレ・・・・・  

この日は15kmジョグ。
GPSできっちり距離を踏んで、1時間16分16秒で、キロ5分には届かなかった。
ハーフ、1時間45分が目標か?
(出る予定は、今のところ全くないが・・・)


2018年6月12日 (火)

ようやく

訳あって、片付け作業が進行中である。
最近の言葉でいえば、断捨離か? ( ^ω^ )

まずは溜まった本類からということなのだが、、、、、

なかなか往生際が悪かったりする。 (^-^;

以前に、一度は縛って処分しようとしたランナーズも、実はまだ持っていたりする。

だがもう読むことはないであろう、処分だ!

Dscf0505

左上が一番最初の、1999年12月号。
右がラストの2016年1月号。
さらばだ!!

またたくさんの画像CDも処分。
ほとんどが以前所属のランニングチームのもの。

Dscf0515

そこには自分も含めてとびきりの笑顔が。

こちらもさらばと言いたいが、外付けハードディスクに取ってあるのよん・・・・・ (;;;´Д`)


2018年6月11日 (月)

有機肥料

このあたりのベテラン農家の方に話を伺うと、、、
稲作に鶏糞はダメ、牛糞は旨い米ができると言うのが多い。

確かに田んぼ地区でも牛糞を使っているところはあるし、住居地区で一手に田んぼをまかなっている専業農家さんも、何年か前、牛糞投入用に新たな機械を購入していた。

ところが付き合いのある肥料屋さんのパンフレットには、発酵鶏糞を反当り、60~100kg耕込むと書かれている。

う~む、正解は無いのか??

そこで少々調べてみたら、両者は全く異なると分かり、驚く。 w(゚o゚)w

いつもながら知らないことが多いが、大まかに言えば、鶏糞は肥料で、牛糞は土壌改良剤という。
じゃあ、元肥として牛糞をいくら投入しても、ダメなのか?

で、今回縁結びを作るにあたり、鶏糞で試してみようと考えていた。
が、よく見りゃ鶏糞は、直前の散布はダメとなっているではないか。
確かに肥料屋さんのにも、9~3月投入で、地力を作るとなっていた。

しゃあない、この際無肥料でチャレンジしようかとも思うが・・・
肥料無しでも育つのは、3年前の「いせひかり」で実証済みだ。

それでも有機でと、パンフレットの一覧表から一銘柄だけ有機米の元肥料と書かれたのを購入。

Dscf0504

昨年ミルキースターの追肥に使ったユーキペレの元肥版のようだ。

Dscf0502

どれぐらい投入すればいいのか分からないが、多肥は避けたいので6aに15kg。
あとは追肥で調整か?

ところでこの肥料。
有機米用であるが、有機は、実は5割。

5割で有機を謳っていいのか疑問だが、そう書かれてあるので、まっいいか。 (o^-^o)


2018年6月 9日 (土)

田植え~縁結び

昨年は、オレのとこで定番となっている品種のみであった。
コシヒカリ、ミルキースター、もち米である。
(ただしもち米は、初めて播種から栽培ゆえ、ヒデコもちという初品種だったが)

今年、もし水不足なら作らないと決めた田んぼを、約40%程度に仕切ってみた。
そして可能であれば、何かにチャレンジしてみたいと考えていた。
それが、縁結びである。

チャレンジ要素として、除草剤以外は、防除のためには使わない。
(病気になってしまえば使わざるを得ないが)
そして有機肥料だ。

で、その苗だが、驚きの成長の早さ。

Dscf0494

ミルキースター(まだ12cmぐらいか)を待っていたら、とてもじゃないが時期遅れだろう。
そこで昨日の夕方、代掻きを行い、本日田植えだ!

この田んぼ、元は二つで真ん中の畦を取っ払って、そして新たに畦を作って小さくしたもの。
さらに泥にしたとき、自動深さのワイヤが外れていて耕盤を削ってしまったかも?

ということで、かなりの高低が出来てしまっていた。

そこでたった6aであるが、2時間近くかかりながらうまくいかず、ついに日没で白旗降参・・・ (ノ_-。)
まだまだシロウトの代掻き操作。
何度も土寄せを行ってみたが、これ以上やっても、ひどくなる可能性が大。

幸い一番奥の田んぼゆえ、近隣のベテラン農家の皆さんに失笑されることもないだろう。

Dscf0498

最後に人力で、えぶりを振り回してみたが、とてもじゃないがと諦めた。

本日5時半から準備を行い、自主規制の6時半(ラジオ体操がこの時間からなので・・・)から機械を始動。

Dscf0500

本業の出勤に間に合うことができた。 

精神的に、疲れたなも・・・・・ (u_u。)


2018年6月 8日 (金)

トイレットペーパー

サイズって、知っていますか?

オレは決まっている、、、というか、それさえ気にしたことはなかった・・・

チコちゃんに叱られる、かも・・・・・ ( ^ω^ )

オレは起きている時間のほとんどを、つなぎという作業服で過ごしている。
今など泊まり込みゆえ、朝6時から夕方7時半まで、それで過ごす。

で、その服でトイレに行くと、上の部分を全て下げる必要があるわけで、その際ポケットの携帯だのペンだのを落としてしまうことがよくある。
なのでちょっとした棚があれば便利だなと思っていた。

そこで今回のトイレの増設工事。
トイレットペーパーホルダーを選ぶにあたり、上部にモノを置けるやつを選んだ。

Dscf0483

う~む、なかなかいいんでない?

と、在庫のトイレットペーパーを取り付けてみたら、、、、、

回らない。
横のステーに当たってしまうのだ。

おのれ中華4000年よ、とおれは怒った。 (`Д´)

しかし思い出せば、口コミにそんなことは書かれていない。
そこでペーパーのサイズに疑問を持ったといういきさつ。

けっして、ぼーっと生きているわけではありませぬ・・・ (^-^;

調べたら、ちゃんとJIS規格があるのだそうだ。

幅114mm、芯38mmで、直径120mm。
あと100秒以内に水に溶けないといけない。

いや~、知らなかった・・・・・ (;;;´Д`)

ただ幅は、コストダウンなどで狭いものの出回っているようで、さっそくホームセンターへ。
なるほど114mmの表示のと、108mmのとが売られていた。

比較すると、

Dscf0481

ということで、無事手繰り寄せることができた。

疑った中華よ、すまぬ・・・・・ m(_ _)m


2018年6月 7日 (木)

荒起こし

この作業をう~さんたちは、泥にすると言う。
なるほど、畑状態が泥田になるわけだから、まさにそのもの。
オレも今度からそう言うことに・・・  

ということで、昨日下準備した田んぼ1枚を泥にした。 (o^-^o)

だが不安は的中。
案の定、水が回り切らず。
予定の1.5倍の時間を要したが、どうにか本業には間に合った。 (^-^;

Dscf0478

さてゴールデンウィークより取り掛かっているトレイの増設工事。
ようやく昨夜、本体の設置が終わり、今朝、試ウン転。
初ウ○コを流した。 ( ̄▽ ̄)

Dscf0476

まだ扉を設置していないので、かなり無防備な状態での試ウン転であったが・・・・・ (;;;´Д`)


2018年6月 6日 (水)

惠の雨

最初の育苗では成長が遅くてやや困ったが、予定より早くても、これまた困った困った・・・ (^-^;

昨年の水不足でたいへん懲らしめられたゆえ、今年は最初から2段階での田植えで進めている。
その第2弾であるが、先月12日の播種であったが、すでにこれだけ生長中。

Dscf0426

手前3列が、今年初挑戦の「縁結び」という品種。
すでに20cmぐらいになって、まさに田植えの旬か・・・

左のミルキースターと比較すればよく分かる。

Dscf0428

で、最初の分が中干に入って、湧き水を全て第2弾に投入できる頃合いを見計らっての播種だったのだが・・・・・

縁結びだけ先に植えればと思うが、ハローへの付け替えがけっこう面倒なのだ。
そこで急きょ、ミルキースターの田んぼも荒起こしすることに。

だがこの田んぼは水が回るのが遅い。
いつだったか3日かけて、ようやくといったこともあった。

今朝、雨の中カッパを着用。
トラクターで、まず畦際をタイヤで押さえて水漏れを少しでも抑える。
そして水が早く回るように、水口を中心にしてタイヤ痕を。

Dscf0474

今宵しっかり降ってくれれば、明日には荒起こしができるかも?


«5月の走行距離