フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

2018年4月23日 (月)

草刈りざんまい

きのうは予定通り、終日草刈りだった。
朝6時に家を出て田んぼ地区に出撃。
自宅に帰ったのは、19時を回っていた。

Dscf0278

3台の草刈り機フル動員でやっつけたが、それでも1枚残してしまった。

まずは自走式で刈れる範囲を。
そして獣害柵や排水などコンクリがあるところを、通称ヒモ(=ナイロンコード)で。
そして残りをチップソーで攻める。 ( ^ω^ )

Dscf0279

草刈り後の、あのスッキリ感がなければ、とても割に合わぬ作業。
これがあと4~5回は必要だ。
さすがにぐったりで、一気にビール3缶は美味!
これもなければ、とてもとても割に合わぬ作業である・・・・・  (^-^;


2018年4月19日 (木)

ケルン

大昔、何かで聞いた(読んだ?)話だが、、、、、

穂高岳は日本第3位の高峰ながら、2位の北岳とは2mの差しかない。
そこで山頂に2m以上のケルンを築き、日本第2位と・・・・・

もちろん認められることではないが、何となく、笑える。 (o^-^o)

で、今wikiで確認すると、

1位 当然の富士山 3776.24m
2位 北岳       3193.2m
3位 奥穂高岳    3190m
3位 間ノ岳      3190m となっていた。

これからみて、2mのケルンではダメで、3.2mを越える必要があったわけだ。
(だから認められないって・・・)

しかし素朴な疑問だけど、、
富士山は小数点以下2桁あるが、北岳は一桁。
そして3位を分け合う二つの山は、それがない。

なんでだろう???

まっ、そんな話はどうでもよく、ふと思いついただけで・・・・・ (^-^;

先日の水路清掃で確認していたら、
水源地付近(通称「お井戸」)で漏れを発見。
何せ貴重な湧き水ゆえ、わずかでも対処は必要と思われる。

ただそこには、けっこうな石積みが・・・・・ 

Dscf0265

ハイここからケルンはきています・・。

よく見れば、下は番線で固定されている。
その上に積まれているのはオレがこれまでに、清掃のたびに拾い上げてきたもの。
けっこうな量ですな・・・

じゃあその固定されているのは何ぞや?

聞くと、どうやら昔はここで洗い物をしたそう。
野菜などの食料から洗濯もんまで、かつてはどこにもあった、周辺住民の共同洗い場だったらしい。
しかも子供が水遊びできるぐらい水量が豊富で、そのために足場として石を入れ、崩れないよう番線で固定したようだ。

今では必要がないゆえ、除去した方がいいだろうが、さて重機も車も入らない場所。
昨日の苗を見に行った時に1時間ほどもがいてみたが、う~む・・・

取りあえずは漏れの箇所に何かを詰めての応急作業で凌ぐとするか・・・・・ ( ̄○ ̄;)!


2018年4月18日 (水)

肩の痛み

頭の上がらないのは毎度のことだが・・・・・ (;;;´Д`)

腕が上がらない。
肩の痛みで、就寝中に寝返りを打つたび目が覚める。
どうも土日で水路清掃をやっつけたためと思われる。
ずっと痛みはあったが、ついに積もり切ってのこの状況・・・・・ (。>0<。)

Dscf0251

半年間の傷みと堆積物をきれいにしたわけだが、貴重な湧き水ゆえ必須の作業。

Dscf0253

週末は、終日草刈り作業に追われるので、少しは治まってほしいものだ。

ジョグは、今朝は6時に雨が上がったので少しばかりとスタート。
だが3kmでストップ。
本当に少しばかりとなり果てた。
こちらも冴えない・・・・・  (u_u。)

そんな中、順調な苗だけが、こころのよりどころか?

Dscf0254

おっと、胃の痛みからは解放されたゆえ、毎夜のオクスリは旨くてヨシだ! ヽ(´▽`)/

2018年4月17日 (火)

目指せロッコー

半月にわたりジョグしていない・・・

3日連続を含めても、ウォークもわずかだ。
心肺への負荷もなく、あるのは肝臓等への刺激のみか? (^-^;

旅行の時に忍ばすシューズも、今回は無し。

そのおかげ(?)か、歩く際の痛みや違和感はなくなった。
そこで本日、待望(というほどでもないが)の朝ジョグを再開。

スタート直後は、これなら10km以上もOKかなといい感触だったが、1kmでまた違和感が・・・
前は、少々の痛みがあっても走れば治るかもと継続して悪化させたゆえ、ペースダウン。
様子を見ながらの、スロージョグで9kmがやっとだった。

しかもそんなペースながら、息が上がって冴えない・・・・・

取りあえず六甲山縦走という具体的な目標を立てたので、慣らしていくしかないか。

そのロッコー(なぜかカタカナ・・・笑)だが、、、

2014年11月号の「岳人」の、加藤文太郎特集で取り上げられていた。

Dscf0258

その中の記事に、
3つの団体が六甲山縦走レースを開催しているとある。
しかもそのうちの一つには、4000名以上の参加者があるという。
さすが、大ブームというのは、全くの誇張ではないのが伺える。

Dscf0257


まだいろいろと詳しくは見ていないが、他に比べて(奥駈とは比較にならないが、、、)補給が楽で、リタイヤの場合も容易そうだ。
ただ早朝にスタートしたいので、日程をどうするか?
何といっても下山後のグビグビは絶対外せないので、そのあたりの段取りが・・・・・ (o^-^o)

2018年4月16日 (月)

ご褒美

育苗も安定期(と言っていいのか?)に入り、そして新設の獣害柵も、ほぼ完成した。
そして土曜の午後と日曜日の朝で、5月最初に植える田んぼ水路の清掃作業も完了。

で、連れ合いとの34回目の記念日はどうでもいいとして、それを口実に、急きょ志摩へ行くことにした。
まあのんびりととはいかぬが、一息入れさせていただいた。
何といっても出発が午後2時半で、本日帰還の10時過ぎには作業服に着替え、通常通りである。 (^-^;

それでも景色はいいし、料理も旨い。
お風呂も5回入って、しもやけ湯治だ。 ( ^ω^ )

Dsc01456

部屋の窓からの的矢湾。
左は渡鹿野島で、右は三カ所の集落だ。

かつてのヨット遭難事件で心がきしむが、それも思い出・・・・・ ( ̄▽ ̄)


2018年4月14日 (土)

3日目

坊主の目安とされる3日目である。 (o^-^o)

きのうは野原公園へ、藤の開花状態を見に。
本日は、初日に確認した新クロスカントリーコースへGPSでチェック。
ちょうど2kmで、抜群のコースと思われる。
今後、地主さんや林道管理者との折衝は厳しいであろうが、できれば実現したなあと。

きのうも今朝もけっこう涼しく(茶園の防霜ファンも回っていた)、何としもやけ復活・・・ (;;;´Д`)

さて育苗も硬化に向けてミラシート(天井の覆い)を取り外し、入水。

Dscf0240

水路掃除等、まだやることはあるが、まずは一段落。
しもやけも痒いし、温泉でも行くか・・・・・  o(*^▽^*)o


2018年4月12日 (木)

ウォーキング初日

言い訳探しは得意である。 (^-^;

朝夕の田んぼ地区出撃(今は夕方のみだが)と、左足ふくらはぎの痛みで、ジョグできないパーフェクトな言い訳が・・・・・

しかしながら、朝の冷え込みもなく日の出も早くなったこの頃は、まさにジョグ日和である。
さすがに惰眠を貪ってばかりでは不健康甚だしい。

お腹のふくらみや、脇腹の逆くびれ(要はたるみ、、、笑)で、完全にドーナツ化現象だ。 ┐(´-`)┌

で、歩いても痛むのだがジョグほど負担はないだろうと、今朝よりウォーキングを開始。
速歩きではなく通常のスピードだが、確かに痛みはひどくならない。

しかしながら、、、、、
確実に1時間以上はと思っていたが、帰って時計を見ると、50分チョイ・・・・・
しかもチンタラジョグであってもある程度の距離は稼げるのに、たとえば1kmが、ウォークだと凄く遠く感じて気が萎える。

明日以降継続できるか、チト自信がない・・・・・ (;;;´Д`)

さて太陽シートを外して昨日で8日目。

Dscf0233

まだ不揃いな部分もあるが、ほぼ1.5葉となりつつある。

Dscf0235

本日より入水の予定で、いよいよプール育苗が始まり、一息つけるはず。 ( ^ω^ ) 


2018年4月10日 (火)

故障の功名?

朝晩の田んぼ地区出撃(最近は夕方のみだが)で、狩りに行けていない。
狩りといってもタラの芽だが、以前のようにあちこちを探し回る必要がないので、かえって意欲はそがれるのか?

落して喰うまでは懸命だが、釣り上げた後は・・・・・人間でもそんな御仁もいるやも知れぬが(オレではないけどね、、、)、高等動物ゆえ仕方がない。 (o^-^o)

で、自宅から2km地点、ジョグコースであるが、以前には数本タラの芽があがっていた。
ところが、落石予防のネット設置できれいに刈り取られ、オレにとっては無残な状態となり果ててしまった。
それからは、たまには見上げることはあっても注意深く観察したことはない。

ところが本日、久しぶりのジョグで出向いたら・・・・・

あっという間にふくらはぎの痛みが増して、歩く羽目になってしまった。
で、じっくり観察できる機会に恵まれたら、、、、、

すでにたけているとはいえ、たくさん上がっているではないか!!
急きょ昼休みに出撃。

とても芽とは言えぬ葉っぱであるが、葉っぱも旨いのだ!

Dscf0229

このまま放置すると伸びてしまい、来季の収穫の難易度が上がるので、手で採れる範囲はもじいてきた。

Dscf0231

いちおうここも、秘密の山としておこう。

Dscf0230

ヒントはこの画像と距離だが、よじ登るのに梯子は必要とだけご忠告を。 (^-^;

ま、ケガの功名ならぬ、故障の功名だが、今月まだ22km。
やはりタラの芽より走れる脚が、欲しい・・・・・ ( ̄Д ̄;;


2018年4月 9日 (月)

水路清掃

恒例行事、稲作農家の出合=共同作業だ。

今回は最上流(池の尻)からのスタート、つわもの揃いのグループである。
何せ、相当の距離がある。

Img411

直線距離でもこんなにあるのに、水路はできるだけ傾斜を均一にする必要があるゆえ、谷などぐるっと回ってめぐらしているからかなりのもの。
しかも切り立った崖の上を通っている部分もあり、危険である。

Dscf0223

あるいは以前崩落してトンネルに改修された部分。

Dscf0226

そこがまたこのような。

Dscf0227

そして、

Dscf0228

奥伊勢湖(宮川)のむこうに総門山が見えるが、もう少し寄ればいい画像が撮れたかも知れぬが、そこは崖。
そんな余裕はなかった。 (^-^;


2018年4月 5日 (木)

発芽~その後

きのうの夕方の状態。
太陽シートを外して2日後だ。

Dscf0210

順調か?

Dscf0211

だがばらつきはけっこうあり、顔を近づけてみないと確認できない箱もあり、本日夕方には対策を行うつもりだ。

«発芽